2018年、かなり高ぶっています

Four basketball players having a sports greeting before match. They are holding ball and focusing to good match.

明けましておめでとうございます。

2018年が始まりましたね。
朝から自宅近くの神社を参拝し、
やる気全開な中川です!

2018年も
考えるバスケットの普及・発展に
邁進していきます。

どうぞよろしくお願い致します。

…それにしても、

昨年はチャレンジの年でした!

・日本初、全国500名規模の
オンライバスケットスクールの運営
・会員向け全57話の定期レッスン動画の配信
・全国各地会員さま向けクリニック実施

・1泊2日ポイントガード養成合宿
(会員向け)
・指導者・保護者向け1DAYセミナー
@東京・大阪
・バスケ論文共同制作 With東京聖徳大
・「考えるバスケットの会」商標登録取得

・メンタル教材#1のリリース
・プロ選手弟和之のドリブル教材プロデュース
・コーチ、トレーナー向け起業コンサル開始
・メンタル教材#2のリリース・・

と、、、
色々新しいことに
チャレンジすることが出来ました。

個人的には
もうちょっとやれたかなぁ・・
という気もしますが、・・^^;

まだまだチャレンジを
続けていきたいと思っています。

「中川さん、なんで毎日そんなに
走り続けられるんですか?」

とよく聞かれます。

これですね、
僕のパワーの源となっているのは、
必要として下さる皆さまのおかげなんです。
(綺麗ごとじゃなく、これ本当です。)

・・

昨年で1番
嬉しかったお話を
あなたにしたいと思います。

群馬の会員さんの高校で
クリニックをさせてもらった時のこと。

そこで本当に
嬉しい出来事がありました。

それは、、
以下バインドされた資料。

suzukisann

これ、
ななな・なんと!!

僕がこれまで
投稿し続けてきた
ブログ・メルマガ、会員さんとのQ&Aやりとり、

それらの要所を
小冊子のカタチで全てまとめて
整理されたものなんです。

「中川さんのおかげで
チームもコーチの私自身も
劇的に変化することが出来ました!
本当にありがとうございます。」

鈴木先生、
あのときはありがとうございます。><

ただ、、
この小冊子は
嬉しすぎます・・・。

だって、、、
何度も何度も擦り切れるぐらい
めくられている跡がスゴくて、、

冊子のビラビラ感が
それを物語っているし、

赤線やマーカーも
むちゃくちゃ引かれているんです。

僕じゃない、
鈴木先生のスタンスが
変化をもたらしたんですよ。

本当に涙が出そうなぐらい
嬉しい言葉をありがとうございました。

・・

僕は皆さまに見ていただく
文章や動画、音声諸々で
手を抜いたことは一度もありません。

いつも全力で
頭をすり減らしながら、
魂を込めて書いていますし、創っています。

なので、、、

僕の全力のバスケットノウハウを
あのように全力で受け取ってくださる
方がいると涙が出そうなぐらい嬉しいんです。

「人の役に立てている」
「誰かのバスケット人生に
貢献できている」

この実感が
僕が走り続けられている理由です。

必要として下さる
皆さまのおかげなんです。

いつも本当にありがとうございます。

それで、、、

その群馬の鈴木先生の
チームが実は2年前、
結構深刻な状態でして・・・

鈴木先生、かなり苦しんで
おられました・・><

先生と生徒との
関係性の部分でです・・

鈴木先生の想いとは裏腹に、
選手のモチベーションが
まったくと言っていいほど
上がってこないんです。

何を指導しようにも

・選手がやる気にならない
・モチベーションが低い
・ガンバらない
・何を考えているか分からない・・

まさに昨日の
メルマガでお伝えしたあの状態です。><
http://thinkbasket.com/mental-daiji

「このチームで一番
がんばってるのは鈴木先生、
それはおかしい!」

初クリニックで
僕が子供たちに伝えた言葉でした。

自分、
いつもニコニコ
バスケ指導しているわけじゃなく、
言うときはガッツリ言います。

そのほうがコーチングが
機能するからです。

ただ、
言い方・タイミング・魅せ方を
工夫します。
(そこがメンタルテクニック)

で、
そのクリニックのあと
鈴木さんとは夜遅くまで
指導について語り合いました。

「どうすれば選手のモチベーションが
上がるのか」

「前向きに全力でプレーしてくれる
ようになるには?」

「コーチのことを信頼してくれる
ようになるには?」

このあたりの指導のやり方を
もーう、、事細かにお伝えさせて頂きました。

ほぼほぼ全部
伝えたんじゃないかと思います。
なにせ夜遅くまででしたので。。

鈴木さんが必死に
頑張っている姿を見たら、
ついつい話したくなったのです。
(メモを取りながら聞いて下さるんです。)

で、、、
そこから1年、
このチームは本当に
ガラッと変わりました。

「中川さん、あのチームが
信じられないぐらい
劇的に変わりました!」

鈴木さんが
必死に選手の心に火をつけようと
もがき苦しんでいたあのチームが

感動するぐらいに
劇的に変化していました。

選手全員が
バスケットに対して全力で、
創造力とやる気に満ち溢れ、
コートがポジティブな
”気”や”感情”でいっぱいでした。

「中川さんのメンタルコーチング
ノウハウが本当に凄くて・・」

いえいえ、、鈴木さん。

何度も言いますが、
僕じゃないです。

鈴木先生のスタンスが
生徒に変化をもたらしたんですよ。

いつも本当に嬉しいお言葉を
ありがとうございます。

僕も日本中、
バスケット指導をしていく中で

・選手がやる気にならない
・モチベーションが低い
・ガンバらない
・何を考えているか分からない・・

こうしたご相談を
本当に多く受けます。

そんななかで、
僕らコーチには
何も打ち手はないのか。

「今の子だから・・」
と諦めるしかないのか?

そんなことは
絶対ありません!

時代が変わっても
変わらないものがあり、

それを突破口に
僕はコーチング活動を
進めてきました。

それが何か・・・

それは、、

人の”感情”です。

感情を巻き込むコーチング。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

選手の
やる気に火をつける
最先端のメンタル指導法を
僕は学び実践したことで

生徒のモチベーションに火をつけ、
目標に加速成長させることが出来たんです。
http://thinkbasket.com/the-mentalcoaching2

もしあなたの生徒やお子さんが

・選手がやる気にならない
・モチベーションが低い
・ガンバらない
・何を考えているか分からない・・

な状態であれば、
以下をご覧ください。
http://thinkbasket.com/the-mentalcoaching

あなたのチームも
群馬の鈴木先生のように
劇的に変えていけると思います。
http://thinkbasket.com/the-mentalcoaching

この指導ノウハウは
僕がプロコーチ活動のなかで
日々学び、実践し、その都度考え、改善してきた活きた指導ノウハウです。
http://thinkbasket.com/the-mentalcoaching

効果も保証します。
でなければこのように
展開することもありません。

2018年、新しいチャレンジ!
この指導ノウハウで
あなたの教え子、お子さんを引き上げていってください。
http://thinkbasket.com/the-mentalcoaching

それでは
今日もここまでお読み頂き、
ありがとうございました。

2018年も全力で走っていきましょう。

今年1年も
考えるバスケットの会を
どうぞよろしくお願い致します!

中川直之(やるしかない)

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です