【秘蔵映像!】アメリカでプレーする日本人!

aba

こんにちは、中川です。

昨日2・15!
遂に公開された
弟和之の動画教材↓↓

===========
『KAZ PERFECT SKILL
(超実戦ピック&ロール編)』

http://kaz-nakagawa.com/pick-and-roll
※日米13年のキャリアで培ったスキル動画
===============

13年のプロのキャリアに
終止符を打った
弟のバスケット人生が詰め込まれたような
卓越したピック&ロールスキルが

これでもか!
というぐらいに展開されています。
http://kaz-nakagawa.com/pick-and-roll

「和さん、
まだバリバリ動けますよね^^;」

「引退しなくてよかったのでは・・・??」

「学生3連覇の筑波大が出てる!!」

「玉木君のダンクがエグイ・・・」

とまあ、SNS上でも凄まじい反響です。
マジで迫力ありますよね、これ。
http://kaz-nakagawa.com/pick-and-roll

良ければご覧になってください。
クリックすると、
PVが観れるのですが、
凄まじい迫力です。
http://kaz-nakagawa.com/pick-and-roll

本編の内容も
素晴らしく充実していますね。
かなりお勧めの教材です。

・・

今から13年前、
和之がプロデビューしたのは、
アメリカのロサンゼルスでした。

日本のJBLからのオファーを断り、
NBAを目指すために
敢えていばらの道に飛び込んだのです。

実力&インパクト共に
学生ナンバー1の称号を
手にしていた和之は、

4年次のインカレでも
得点を荒稼ぎ!

そのときの映像がこちら:

大学バスケ界の寵児とまで言われ、
得意のボールハンドリングと
スキルフルな1on1をひっさげ、
単身アメリカに渡米!

(あのとき、和之はノってたなー。)

そんな和之、
厳しいアメリカの地で、
早速壁にぶち当たったそうなんです。

その壁というのが、
プレー以前の
コミュニケーションの問題・・。

よし、やったるどーー!
と意気込んでいたものの

英語が喋れない日本人には
誰も見向きもしない&
パスもくれない・・・

そんな厳しい現実が待っていました。

なんとかその状況を打破するために
アメリカのコートで
初めて覚えた言葉が
これだったそうです。

Come get me!
(おれにスクリーンに来てくれ!)

受け入れてもらえていないのです。

ガードとしての力以前に、
プレーヤーとしての存在自体を。

そこからスタートし、まずは
徹底的に英語を覚えたそうです。

バスケットで使う英語です。

「発音もちゃんとせんと
全然分かってもらえん。」

こう言うとおり、
「Come get me!」も
「カムゲッミー」
ぐらいに発音しないと
全く反応してもらえないそうです。

こうした
色々なハングリーな経験を通じて、

選手との
コンビネーションスキルを高め、
2年目にはなんと
ABAのオールスターに
選ばれるまでに成長しました!

その当時の映像がこちら(4分13秒):

日本人が
たった一人の状況で
堂々とプレーしていますね!

これ、初めて見られる方が
多いんじゃないでしょうか?

随所に和之らしいプレーを
繰り出しています。

ピック&ロールも
ガンガンに行っていますね!

さて、、
そんな感じで

日本とアメリカ2か国で
プロ選手として渡り歩いた
生身の実戦ノウハウは
かなり参考になると思います。

===========
『KAZ PERFECT SKILL
 (超実戦ピック&ロール編)』
http://kaz-nakagawa.com/pick-and-roll
※日米13年のキャリアで培ったスキル動画
PKG2===============

このスキル動画レッスン、
2/22(木)まで
期間限定価格(-4,000円引き)
ご購入出来ます。

今なら8つの特典動画含む
全20個のバスケットコンテンツが
手に入ります。

ぜひこの機会にゲットしてください!^^

プロが行う実戦ピック&ロールノウハウを見てみる:
http://kaz-nakagawa.com/pick-and-roll

それでは、
またメールさせて頂きます。

今日もお読み頂き、
ありがとうございました。

追伸:

「なんで言葉が通じるのに
喋らないんだろう・・」

日本に帰ってきて、
和之はこれを感じたそうです。

向こうでは
英語が通じないことで
かなり苦労し、
夢を遠回りすることになりました・・

その辛さから
言葉が通じることが
どれだけ恵まれた状態なのかを
認識したそうです。

やはりバスケットは
コミュニケーションが大切です。

言葉が通じる!
喋れば分かる!

これって大きいです。

チームメイトと
より良いプレーを作っていくためにも
コートで喋っていきましょう!

そうすれば
あなたのプレーはさらに輝くと思います。

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です