コーチに怒鳴られて困っています・・・

バスケットボール

こんにちは、中川です。

監督がこわい
だからチャレンジがこわい
ミスするのがこわい

これって
良いことあるのかなぁと
思います。

・・

あれは
僕が小学4年、
ソフトボールを
やっていた頃のお話です。

そこで
僕らを指導していた
40歳ぐらいの監督さんが
むちゃくちゃコワくて….

エラーをしたら、
金属バットでお尻を叩かれ、

三振したら
バットの柄の部分で頭を叩かれ、

よそ見してたら、
身体にボールを投げつけられ、

どんな想いがその人に
あったか分かりませんが、

いま、大人の口を
手に入れた僕が
あのときの思いを
正直に表現するとしたら、

「いや、あんた何なんマジで!?」

です、本当に。

(言葉汚くてすみません。)

ミスしたらクソ怒られる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あの時
大人のよく分からない
コワさが本当に嫌だった・・。

こうゆうのが
成長の足かせになっている
小学生って結構いるように思います。

何て言うか・・・
必要以上にコワいんです。

バットの柄とかも
マジで痛いし、

ケツバットも
むちゃくちゃ痛い(><)

何より嫌なのが、

あの背中や頭を差し出してから
叩かれるまでの、
間(ま)・・・

炎天下の中でやる
このスポーツは
全然楽しめなかったなぁ、

というのが、
正直な想いです。

結果僕は
ソフトボールが嫌いになり、
ソフトボールを辞めました。

ソフトボールが楽しめなくなったんです。

守備はかなり好きでした。

内野を守るときは
横っ飛びでファインプレーを
するのが目標でした!

あれ、カッコ良いですよね。

ただ、
打つのが本当に苦手で、
まったくバットがボールに当たらない・・

大事な試合で
4打席連続空振り三振を
したことがあり、

ピンチで打てなかった
申し訳なさと、

なんだか色んな想いが
合わさって、、、
忘れられない思い出として
今も記憶に残っています。

・・

この過去の経験から
思うことが二つあります。

一つは、

子どもを委縮させる
指導は絶対にしない!
ということです。

自分がされて嫌なことは
人にもしません。

僕はあの空気の中で、
良い時間が創れるとは
思えませんでした。

二つ目は、

自分でもっと
考えてプレーすべき
だったなあと思っています。

打てないのなら、

もっと状況を分析して
苦手を克服するために
練習をすれば、

技術的に楽しい時間を
もっと作れたのかなぁと
思ったりしています。

監督がコワい、
練習に行くのが嫌だ・・

そんな外的要素もあったけど、

もっと
自分と向き合うことも
しておけば、
上手くなれたように思います。

もし今、あなたが
昔の僕のような境遇に
置かれている場合は、

ぜひ作戦を
立ててみることを
お勧めします。

自分に問いかけをしてみてください。

「どうすれば上手くなれるか?」

「そのために
具体的に何ができるか?」

「それをやってみてどうだったか?」

これを書き出し、
毎回実行してみてください。

そして良いときは
振り返りをしつつ、

「よーし、自分良い感じだ!
どんどん上手くなっているぞー!」

と、
自分で自分の成長を
褒めてあげてください。

まわりが何と言おうと、です。

他人と環境は変えられない
~~~~~~~~~~~~~
変えられるのは自分と未来のみ。
~~~~~~~~~~~~~~~~

あれから25年・・。

色々な経験をしてきましたが、

間違いなく、
何事もこの考えでいるのが健全です。

どんな環境にいようとも、
どんなことが起ころうとも、

自分で自分をコントロールし、

今取り組むバスケットを
最大限楽しめるよう、
出来ることにフォーカスし、
行動していきましょう。

娘がバスケ中に
 笑ったことがないんです・・

うちの子が監督に
 委縮して困っています・・・

そんなあなたに
ぜひ知って欲しい考え方があります。

▼一人で出来るメンタル強化法:
http://thinkbasket.com/self-coaching/
※むかしの僕にも教えてあげたい・・><

この
第3章(KPT)、
第6章(セルフトーク)の考え方を
日々実践してください。

必ず前に進んでいくヒントや
気づきが得られます。

具体的な方法は、以下で徹底解説しています↓↓

▼子供の現状を変えるための
メンタル強化法を今すぐ確認する:
http://thinkbasket.com/self-coaching/

それでは、
今日もお読み頂き、
ありがとうございました。

これからも
”勇気を挫かない指導法”について
自分の立場から発信していきます。

中川直之

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 個のコメント

  • 子供はそれでバスケがやになり、もう半年になります。一応まだ席は置いてくれていますが‥
    今、メンタル強化を教えて戻る可能性ってあるのでしょうか‥諦めるしかないのかな‥

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です