オフェンスを上手くいかせる方法。

19670

こんにちは。

『セットOFF=自由を奪うもの=悪』
ではないと
世界の中心で叫びたい、中川です。

意図をもってオフェンスしてたら
上手くいかないことってあります。

狙い通りに
スコアにつながらず
流れも重く、気分も乗ってこない・・

だからと・・

やらないほうがいいんじゃないか
フリーのほうがいいんじゃないか

ワーワーワーとなって
投げ出すのは自分はイヤです。

スコアに繋がらないイコール
全部が悪いわけじゃない。

結果には原因があるので、

それが何なのかを
しっかり見極め、
必要な改善をしていきたいです。

バスケットで大切なのは
この悪いときの見極め力と
対応力だと思っています。

経験で磨いていく
センス&スキルになりますが、

オフェンスで起こりがちな
改善点について
いくつかご紹介しますので
参考にして頂けたらと思います。

1)スクリーンの精度が低い
→きっちりやればスコアにつながることって
結構あります。
1個1個を丁寧に、です

2)フォーメーションのステップ数が多い
→せっかちな人の集まりだと待てずに逆効果に・・
もっとシンプルでもいいかもしれません。

3)エントリーがスムーズじゃない
→オフェンスのそれ自体よりも
そもそもの入りが悪いのでうまくいってないかも。
陣形を早く組み、スムーズに入ってきましょう。

4)リズムやテンポが悪い
→なんだかんだ言ってもリズムとテンポ大事です。
ハーフコートに早く入ってくるなど
工夫が必要です。

6)きれいにやろうとし過ぎ
→リングに向かう粗々しさも必要。

そのほかにも、、

ガードのバタバタ感が
波及して全体もバタバタ(**)

とか

インサイドを突く
パスタイミングを踏み外し、
相手に差し込まれて頓挫(><)

あと、これ多いのが

単純に狭い。
気付けばみんな3Pエリアの中にいた・・

とかね。

まあ、色々こんな感じで
上手くいかない理由はあるので

なにが問題か
しっかり見極め、
気付いた瞬間から
すぐに改善していきましょう。

一面的な結果だけを見て
全部ダメとするのはちょっと違うと思います。

もう少し踏み込んで考えると
意外と解決策はすぐ見つかる、と
自分は経験から思います。

今日の記事も
参考にして頂けると嬉しいです。^^

中川直之(久々の試合楽しかったです)

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です