ポイントガードはこれ意識しましょう!

lonzo-ball_19nk4ivxnyp931ign5kjst8z6a

こんにちは、中川です。

ガードの役目って
デリケートです。

ただ相手に取られずにボールを
運べばいいわけじゃなく、

ただミスせずにパスを回していれば
良いわけでもなく、、

色々細かいところに
気を使いながら、
心も配りながら、
ゲームを創っていく必要があります。

僕が意識してきたことで、
大事だと思っているのが、

リズムとテンポ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「モタモタしない」
ということです。

モタつくと何が起こるか?

まわりのプレーヤーを待たせたり、

相手DFFに
良いようにプレッシャーを
かけられたり、

バスケットにノイズが走るんです。

バタバタ、ドタバタ、ガッチャガチャ・・

そんな感じになります。
これが良くない・・。

コートって
人の”気”で成り立っているので、
ノイズが走るのは良くないです。

ちょっと想像してみて
欲しいのですが、

あなたが今、
澄んだ森の空気のなかで
川のせせらぎに耳を傾けていたとして

そこにいきなり
新幹線が全力通過するときの轟音が
耳に入ったらいかがでしょうか?

だいぶ耳障りですよね。
心も濁ると思います。

ノイズってそういうことです。
人間はきれいな空間がやっぱり好きです。

バスケットのコートも
淀みなくスムーズに回していきたいです。

具体的に
ガードが意識すべきことは、

パスをスムーズに回すことだったり、
筋の良いオフェンスアイデアを
止めないことだったり、

仲間といつも目を合わせて
安心させたり、

次何をするのかの共通理解で
つながりあうことです。

バスケットの気持ちよい
循環を自分は

「フロー(流れ)」と
言ったりしていますが、

ゲームメイクが上手なガードは
このフローがきれいに創れます。

個人スタッツも大事ですが、

僕はフロー派!
(派ってなんだ 笑)

そういう目線で
いつもゲームメイクを見ています。

NBAでは
スティーブ・ナッシュや、

セルティックス時代の
レイジョン・ロンドとか
上手かったですね。

これからは
ロンゾ・ボールでしょうか。

チームで見たときは
スパーズが抜群に上手いなぁと思います。

田臥さんや
吉田亜沙美さんも
フローを創るのが上手です。

プレーに淀みのない、
風通しの良いバスケットを
ガードは意識したいです。

ポイントガードの皆さま
あなたのチームはフローしていますか??

ちょっと感覚的なお話になりましたが、

参考にして頂ければ幸いです。

★今日のなかがわ★

愛媛県から高知に向かっています。
今日は仕事のお話しをガッツリ!
濃い1日にしたいと思います。

メルマガ背景
メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 件のコメント

  • フローを意識しすぎて、結局もっと1対1の勝負をしなさい!と指導者にいわれてしまうフロー派の子供ガードに頑張れ!と思います

    • ぱわーがーどさん

      バランスですよね^^;
      積極性が失われるのなら、1on1に集中させたほうが良いケースもあります。
      1on1が出来て、それを削ってコントロールかなぁと順番的には思っています。

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です