ケガに苦しむあなたへ。

ribaund

こんにちは。中川です。

昔あるところに

レギュラーになりたくて
しょうがない少年がいました。

あれは、大学3年の夏休み初日、

「まわりと差をつけるぞー!」

と鼻息あらく、
一人早朝ジムトレーニングに向かい、

「おし、良い感じ!」

と、パンプアップした
自分の腕筋の盛り上がりを
確認したあと、

エンジン全開で
体育館に向かいました。

「おし、今日から合宿だ!
気合入れていくぞー」

合宿初日の
フレッシュな空気のなか
早々に始まった対人練習。

その開始1プレー目で、
僕は、とんでもない大ケガを負うことに・・

まさにテンションと真逆の
出来事が起こりました。

1年以上まったくバスケットが
出来ない状態となったのです。

それも一瞬で・・・。

膝の前十字じん帯を断裂し、
病院に緊急搬送されました。

これまで経験したことのない
激痛が走り、
赤くボッコリ腫れあがった自分の
左脚を見たときは、

「おれのバスケ人生マジで終わった・・」

正直、そう思いました。

(病院のチューブに繋がれ
天井を見ながら涙を流す・・・)

「レギュラー争いの真っ只中なのに・・」

まるで真っ暗闇に
閉ざされたような気分でした。

心の底からへこみました。

バスケットの神様に
見放されたのだと
このとき完全に思いました。

しかも・・・
そのケガの発端は、
悔やんでも悔やみきれない
ある理由があったのです。

それが何かというと・・・

僕の左の足の裏にできたイボ。

はい、・・イボです!

できものです。><

これが
卒業ボタンぐらいの
大きさがあり、

いつも足を付くのが痛くて
かばいながらプレーしていたんです。

皮膚科に行って
色んな治療法を試しました。

・ドライアイスでふやかす
・メスで切り落とす
・レーザーで焼く
・注射で死滅させる

色んな手法を試みましたが・・・

何をどうやっても
数か月後にはまた、
必ずイボが再生してくるのです。

大学1年からずっと
悩まされてきた、
足の裏の持病イボ。。

足の真裏にあるので、
踏み込むときに痛みが走ります。

いつもかばいながら
プレーしていました。

で、
このケガをした時期が
本当に悔しく・・・><

2個上の天才ガード、
青木康平さんが卒業されて、
ガードポジションを思いきり
争っているときでした。

能代工で日本一を獲った小野弘樹とか
今もプロで活躍する1個下の小淵雅とか
上手いガードがひしめいていた中で、

ぜったいに負けられない、
レギュラー争いの真っ最中でした。

当時は、
大学3年が勝負!
と言われていました。

大学を卒業後、
上のカテゴリ(今でいうプロ)に
行くならです。

「3年でアピールして、
4年の春にはみんな内定してる」

つまり、3年で
どれだけアピールできるかが
重要でした。

4年じゃ遅いんです。
3年のうちにです。

「プロ選手」

僕の頭にも、
当時、少なからずありました。

そのために試合に出なくては!

そのために
この合宿で頑張らなくては・・!

そうシャキシャキに
意気込んで臨んだ合宿初日に
まさかの膝の前十字じん帯断裂・・・。

悔やんでも悔やみきれませんでした。

どこから時間を
巻き戻せばいいんだ??

イボをかばいながら
着地したところ?

ジムで練習前に
追い込み過ぎたところ?

イボの治療法を
決めるところ?

安易に家の近くの
皮膚科を選んだところ?

21歳の僕には
しばらくこの現実を
受け入れることが出来ませんでした。

・・

恥ずかしくて
あまり言いたくないですが、

僕はこれまで
数多くの挫折や失敗を経験しています。

・膝の前十字じん帯を断裂する
・それゆえにプロの道を閉ざされる
・双子の弟と比べられ下手だ下手だとバカにされる
・生まれつき身体がひ弱でなかなか3Pが届かない
・試合に緊張しすぎてガチガチになる
・後輩にレギュラーで先を越される
・シュートが外れて頭が真っ白に
・ミスしたショックでコートで泣き出す・・・

あなたも
似たような経験をされたことが
あるんじゃないかと思います。

上手くいかないときって
頭が真っ白になったり、
泣きそうになりますよね。

まわりからの
心ない言葉に傷つき、

誰もいない小部屋で
むせび泣いたこともあります。

ただ、、

今日はそんな
暗い話をしたいわけじゃなくて、、

(ここまでしといてすみません・・><)

今、これ全部ふりかえって
財産だったなーと思うわけです。

すべて貴重な体験でした。

======

負けたことがある
それがいつかは大きな財産になる

(by スラムダンク堂本監督)
=========

このパターンでした!思いきり。

失敗も挫折も
ショックも不幸も

全部これ、
自分を強くするための
出来事だったのだと
今となっては思います。

結局、僕はプロへは行かず、
大学卒業後に、九州にある
実業団チームに入部しました。

そこでの経験が
今の「考えるバスケットの会」にも
繋がっていきます。

もしご興味ある方、
ここから1話ずつお読みください。

▼全くのゼロから2年で
実業団日本一!(全15話)
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t5761

普通に泣けると思います。

ここでの泥臭い経験が
僕の今の活動の源流にあります。

さて、、次回、

膝をがっつり負傷した
ここからの大学バスケ!

僕がその後、
起死回生の復活ができたのは、
あることを行ったからでした。

ケガ明けの
僕の復帰をスムーズにした
あるものとは?

次回、乞うご期待!

特にケガしている人、

バスケットが
なかなか上手くいかず、
メンタルで落ち込んでいる人に

必ず見て欲しいと思います。

■追伸■

いぼって寿命があるそうです。

それから2年後の
社会人1年目には
キレイになくなっていました。

あれだけ自分を悩ませた
いぼは何だったんだ!?

本当に何だったんだ・・!?

と今でも思っています。

■この動画の中川さん見て
 ワクワクしました!!■


とただ今、絶賛好評中の
スキルブック第13弾
『セルフコーチング編』
http://thinkbasket.com/mental-vol3

の勢いが止まりません!!

日本中のプレーヤー、保護者、
指導者の方から今この瞬間も
続々とご注文を頂いております。

ほんとに凄い勢いなので見てください↓↓
http://thinkbasket.com/mental-vol3

今なら3,000円割引で
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
購入できる大チャンス!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

な上に・・・

8つの豪華特典を
すべて無料プレゼントしています。
(全60分の動画音声&3つのワークシート)

…というかなりお得な状況なので
ぜひ詳細だけでもご確認ください。

PKG4

日本全国から注文が殺到している
メンタル強化法を見てみる:
http://thinkbasket.com/mental-vol3

それでは、今日もここまで
お読み頂き、ありがとうございました。

また明日の復活劇も
楽しみにしていてください。^^

中川直之

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です