バスケットは準備が大事!強いチームの共通点とは

team

こんにちは、中川です。

今年のインターハイは
福大大濠が優勝しましたね!

おめでとうございます。

九電にいた頃、しょっちゅう
練習試合させて頂いてました。

スキルも高く、
高校生なのに普通に
大人の自分らに
競り合ってくるし、気持ちが強い。

そういう
印象が残っていますね。

昔と比べてカラーが
泥臭いほうになってましたが、

でも負けないバスケが一番強い。

自分はああゆう大濠、好きですね。^^
おめでとうございます!

・・

さて、、
今日は
その流れで、
どんなチームが強いのかって
話をしたいと思います。

よくいわれるじゃないですか。

強いチームが勝つんじゃなく
~~~~~~~~~~~~~
勝ったチームが強い。
~~~~~~~~~~

これ、
本当にそうなの?と
自分も思っていたのですが、

バスケットの
長い経験から思うのは、

やっぱそうだなぁという
気がしています。

何ていうかですね。

勝つチームって
色んな意味で安定してるし、
ブレないんです。

勝負どころの
あのシュートが
決まっていれば、とか

あのときのディフェンスを
こうしていれば、とか

審判があそこで
あんなジャッジをしなければ、とか

そういうタラレバがなく

勝つんです。

とにかく勝つ。

僕も経験が浅く、
思うような結果が
出せていなかったころは

上手くいかないことを
誰かや何かのせいにしたり、
タラレバも結構してました・・^^;

ただ、
勝つチームのやってることを
追うようになって、

そういうのじゃないなぁと
気付いたんですよね。

どんな状況でも
安定して勝っているし、

わるいときはわるいなりに
辛抱して
最後に勝ちきる強さがある。

なので、
自分たちもそうなれるよう
普段から
あらゆる状況を想定して
練習するようになりました。

あそこで
あのシュートが入っていれば・・

あそこで
あのミスがなければ・・

あそこで
あの悪い時間帯がなければ・・

こうゆうのを
ぜんぶ事前に想定して

大事なシュートを
決める練習をしておくし、

大事どころでミスをしない、もしくは
ミスしてもカバーできる耐性を作っておくし、

わるい時間を
未然に防ぐ or 短くするやり方を
考えてプレーするようになりました。

このスタンスになってから
チームの調子や、
その日の風向き、
審判のジャッジに流されたり、
というのがなくなりましたね。

わるくても
わるいなりに勝てるようになりました。

「備えあれば憂いなし」

「常に最低を想定して準備する」

ちょくちょく
ブログでもお伝えしていますが、

これが出来ているチームは
やはり勝っているし、
強いチームだなぁと
思います。

大濠高校の試合を見て
そんなことを
あらためて考えさせられました。

今日の記事も
参考にして頂けますと
幸いです。

追伸:

空手で背中が筋肉痛・・・(苦笑)

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 件のコメント

  • 確かにそうだなって思います
    うちは走らせるだけ
    ドリブルは下手。シュートは入らない。パスはゆるい
    全部子供たちのセンスがないせいみたいに言われますいや、備えがないんです。自信もありません。練習してない。教えてもらってない。それを試合でやれ…無理です。天才じゃないので…と思います。
    なので、他のクリニックに行けるときは行くし、中川さんの考えるバスケットの会にも興味がわきました。
    自分で動かないと…練習が練習でないから。指導者に恵まれない。それだけで損した気分。バスケットが好きな子供たちにバスケットのスキルをもっと学ばせてあげたい。…勝つ喜びを教えてあげたいと…常に願ってます

    • まこっちさん

      メッセージありがとうございます。

      必要な準備をすれば
      確実に上達出来るスポーツですよね。

      自分も出来るご協力させて頂きます!

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です