地味だけど大事です!足の速さ以上に大事にしたい●●。

path2

こんにちは!
大阪から 中川です。

バスケットは足の速さじゃない。
 先に動き始めたやつが勝つ!

むかしある人が言っていましたが

ほんとにそう思いますね!

0.2~0.3秒。

人はこれぐらいの時間があると

たいがいの距離を進めます。

身体にして2~3個先ぐらいまででしょうか。

スピードに乗ってたらもうちょっと先まで!

だからコートで
ボヤーっとしているヒマは無いのです。

ルーズとか
リバウンドとか
攻守の切り替えとか

ほんとにバスケットは
ちょっとでも油断したら命取り。

なので自分が大事にしたのは
相手より0.2秒先に動くための
習慣を作ることです。

そういうのって
どこでカバーするのかなぁと
考えますが、

やはり

練習のつなぎですね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

次の練習から次の練習までの切り替えとか。
練習メニューそれ自体の中での切り替え。

オフェンスが終わったあとの
DFF動作へのつなぎとか

誰かがシュート打ったあとの
リバウンド動作へのつなぎとか。

ライン際で味方が
ルーズを競り合ってるときの
リカバリーポジションへの反応速度とか。

(個人的にマジこれを大事にしてます!)

自分はバスケット選手として
特段足の早いほうではありませんが、

反応の速さと
危機管理能力で
何とかしのいできました。

ぼや~っとしてんじゃねー

コート内では
ゴールキーパー川島ぐらいの
勢いが大事だと思います。

コートで起こるプレーに
神経を張り巡らせときましょう。

泥臭いところ、
誰でも出来るところを
いかにきっちりやりきれるか。

バスケットは
そこがかなり大事です。

効率だけじゃなく
たまにはリアルなお話も
と思い今日もメールさせて頂きました。

週末に試合がある方は
意識されてみてください^^

今日もお読み頂き、ありがとうございました。

=======
★『スキルブック第9弾:超実戦1on1編( 約83分)』。

考えるスキルブック第9弾:超実戦1on1編

絶賛好評販売中。
※10/18(火)まで割引価格でご提供させて頂きます!

クレジット払いも出来ますので
良かったら以下からお願いします。
▼スキルブック購入サイト
http://naobasketball.com
========

明日も頑張っていきましょう!

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です