【感謝とお願い!】メンタル面で困っていることを2点お教え下さい。

jampball

こんにちは!
考えるバスケットの会 中川です。

2017年も気づけば
半年が過ぎようと
していますね。

あなたはこの半年
いかがお過ごしだったでしょうか^^

わたくし中川は、
時間の流れに負けず、
まだまだチャレンジしていきたい!
向上していきたい!とさらに
想いを強くしているこの頃です。

・・

さて、、

先日、
全15話でお届けさせて頂いた

おれのバスケ人生
マジで終わった・・・??
』シリーズ。

お読み頂き、本当にありがとうございました!
(まだ読まれていない方はこちらから)
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2491

わたくし中川が
社会人バスケで
初めて日本一になるまでの
泥臭い汗と涙のエピソード。

たくさんの方から
心のこもった感想や
応援のメッセージを頂きました!

=========

「毎日ハラハラドキドキ、
熱くなったり泣いたりしながら読んでました」

(DJ郎)
ーーーーーーーーーー

「非常に感動しました。
途中から涙が出てきました・・」

(匿名)
ーーーーーーーーーー

中川さんが社会人で苦労されていたのには正直驚きました。
そしてアレだけ第一線でやられていた方が、ストイックに自分を追い込んでいる話は
息子にも読ませたいと思います。
(阿部 一成)
ーーーーーーーーーー

「横河戦、シビれました!」
(匿名)
ーーーーーーーーーー

素晴らしい試合ですね!
試合で結果を出すためには、練習は並々ならぬ努力が必要だったと思います。
夢を現実のものに出来て、本当におめでとうございます!
お母様もさぞ、喜んでらっしゃることでしょう(^-^)

(匿名)
-ーーーーーーーーー

いや、マジで痺れました!
こんな試合、そうそう出来ないですよね!

(しんや)
ーーーーーーーーーー

コレは熱い!つい見入ってしまった!!

(『AI』好き)
ーーーーーーーーーー

ヤバい!この試合展開はヤバすぎる!スラムダンク実写版ですね!!
目頭及び胸がアツくなりましたよ!これだからバスケやめらんないんですよね笑

6話まででも激アツですが、一層面白味を増してきましたねぇ!
回を重ねるごとに、『ちょ、直さん!早よ早よ!!次はどんなん?!』って、欲しが
る自分が居ます笑

(KEEYAN)
ーーーーーーーーーー

もう全部読みました(泣)

(岩田塁)
ーーーーーーーーーー

愛好会から全国大会出場、更には全国優勝へ導かれた実話は圧巻ですね。
私が感じたのは、「気持ち」と「信念」そして「勇気」があれば成し遂げる可能性が広がる
んだなと思いました。努力は欠かせないですが、努力するための目標が気持ちや信念
だと思いました。

息子にも読んでもらってます!
少しでも影響を受けて実戦してみてほしいと願ってるところです!

(とし)
============

自分の泥臭すぎるバスケット
エピソードが

あなたのバスケット人生を
元気づける、何かのチカラに
なれたら嬉しいです。^^

本当にありがとうございました。

・・

お読み頂くなかで
感じたかもしれませんが、

バスケットってやはり
気持ちが大切です。

======

「気持ち」と「信念」そして「勇気」があれば成し遂げる可能性が広がるんだなと思いまし
た。

(とし)
===========

としさんが気づきを
シェアしてくれていますが、

本当にその通りだと思います。

スキルだけじゃなく、
~~~~~~~~~~
メンタルをどう整えるか。
~~~~~~~~~~~~

じつはわたくし中川、
プレーヤー時代、
ここを一番大切にしてきました。

自分がなぜバスケットをするのか、
なぜ今日練習にいくのか、
そこで何を目指すのか。

この自己対話を
ひたすら頭の中でやっていました。

そうしてモチベーションに
火を付けて毎回の練習に臨んでいたんです。

やはり
気持ちの入った行動を
積みあげなくては、
高い目標ってカタチに出来ません。

つねに自分の良い状態を
キープしたかったので、

メンタルトレーニングについても
実はかなり研究していました。
(じぶん、結構詳しいです 笑)

自分のモチベーションを
維持するためのセルフコーチングや、

人のやる気にスイッチを入れ、
目標に向かって引き上げていく
メンタルコーチングも
実はかなり得意です。

エネルギーは高い方から
低い方に流れていくので、

まずは自分自身が
エネルギーの高い状態をキープし、
チームのみんなを巻き込んでいく
必要がありました。

バスケットスキル以外にも
色々試行錯誤しながら、
チームの強化を進めてきたんです。

このときの経験を踏まえて、
バスケットスキル以外にも
色々伝えられることがあると
思っています。

・・

それで、、、

今日は一つあなたに
お願いがあります(**)

メンタルについて
困っていることがあれば
教えてもらえないでしょうか?

以下アンケートに
お答え頂きたいのです。

=========
★アンケート★

バスケットをプレーしたり
指導したりするにあたって・・・

「メンタル面で困っていることや
 解決したいことを2点お教え下さい。」

★アンケートの回答はこちらから↓↓
http://doll-ex.jp/L3452/c0/2t2491
==============

お答えいただいた方には

★★★★★★★★★★

『1on1のディフェンスで意識すべき
 超大切なポイント解説(4分23秒の音声付き)』

★★★★★★★★★★★★★★

をプレゼントさせて頂きます!

あなたが今
バスケットをプレーしたり、
コーチングするにあたって

自分自身のモチベーションのことや
教え子さんのモチベーションのことや

そのほか練習や試合に向けて、
気持ちの部分で上手くいかないことや

親御さんであれば、
バスケットをされているお子さんのことで
なにか精神面でお困りなことや
解決したいことなどあれば、、、

簡単でいいので
以下よりご回答頂けたらと思います。

=======
★アンケート
「メンタル面で困っていることや
 解決したいことを2点お教え下さい。」

★アンケートの回答はこちらから↓↓
http://doll-ex.jp/L3452/c0/3t2491
=============

お答えいただいた方には

★★★★★★★★★★

『1on1のディフェンスで意識すべき
 超大切なポイント解説(4分23秒の音声付き)』

★★★★★★★★★★★★★★

をプレゼントさせて頂きます!

ご回答頂いたものは
今後の活動・発信に活用させて頂きます。

いつも最高のバスケット環境を作ることに
知恵を貸して頂き、ありがとうございます!

これからも一緒に
バスケットについて考えていきましょう。
(プレゼント解説&音声もゲットして下さい!)

それでは
今日もここまでお読み頂き、
ありがとうございました。

明日以降、
またメールさせて頂きますね。^^

中川直之
(残り半年も頑張っていきましょう!)

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 件のコメント

  • 今まさにチームメイトみんなが参ってます。
    うちのコーチは夏になると体力、スタミナ言うて、ほとんどボールさわることなく、ただひたすら走らせます。
    うちミニバスなんですけどね。
    六分間走…ゆっくりじゃないですよ。まあまあなスピードで…試合中六分間走れるようにと始まったとのことですが…何本も。意味がわからない。泣いたり、熱中症になったり、吐いたりする子も出てきます。それでも続きます。拷問です。楽しくありません。六分間走だけではなく、11秒ダッシュ(体育館の端からバスケットコートのエンドライン往復)を何本も…の日もあります。一人でも入らなければ永遠続きます。低学年もいます。無理です。一時間以上ダッシュとか…無理ですよね。また試合で負けて…走れんから負けたと…ひたすら走らせます。怪我人出ます。やめる子もでます。その繰り返し。私去年一度吠えてみました。気持ち変わったかなと思うこともありましたが…一年たってまたリセット。戻りました。どう言うたらわかるんでしょうか?子供は基礎練習やバスケットがしたいといいます。そりゃバスケットしたくてミニバス入ったのに。早く4校枠撤廃にならんかな。来年なるかもと聞きましたが…。こういう指導者に何て言えばバスケットしてくれるのか…子供たちのモチベーションあげれるのか…わかりません。

  • シュートを打ちきれないです。
    また、外してしまうとか、もっと入るメンバーにパスをしてしまいます。
    シュート練習で、少しずつ地震をつけて行くしかないのでしょうか⁉

  • こんにちは!
    DFFの動画を見させていただきました。
    その中で腕を相手に触れさせることで相手にプレッシャーを掛けるシーンがありましたが、
    この技はファールスレスレのプレーにも取れるんですがもう少し詳しく教えていただけないでしょうか。
    息子たちが中学最後の大会に向けて頑張ってるのでアドバイスしたいと思います。
    よろしくお願い致します。

    • としさん

      手とか、肘下とかで相手に接触していきます。
      自分は”ロブする(こする)”と言っています。

      これは
      NBAチャンピオンになった名ディフェンダー、
      ブルース・ボウエンのテクニックを真似しています。

      添えている手が、
      相手の攻めるエネルギーを検知するセンサーとなって、
      ドライブされる前にステップバックで反応することが出来ます。

      ソフトにやるのが大切です。
      やり過ぎるとファウルになります。

      あとはやるタイミングですね。
      相手がガッツリ攻めているときに、同じパワーで合わすと
      ファウルに見えるときがあります。

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です