【名言付き!】バスケットを強く楽しくハッピーにする方法!

majic

こんにちは!
考えるバスケットの会 中川です。

先日開催された
世界各地のコーチが集結する
ジュニアバスケットサミット2016!
http://erutluccamp.com/jbs2016/nakagawa/

そこでの自分のクリニック
『トリックパサー養成講座』の
レポートが展開されていました。
http://erutluccamp.com/jbs2016/nakagawa/

良ければご覧になって下さい。^^

・・

それにしても、

この言葉、、、、

==========

得点は1人をハッピーにし、
アシストは2人をハッピーにする。

by マジック・ジョンソン
===========

ほんとに格好いい言葉ですよね。

NBAの伝説のプレーヤーが
言うからまた重みを感じます。

マジック・ジョンソンが
成し遂げてきたことや
仲間との時間・信頼関係とか

なんかそういうのが
色々フラッシュバックしてきます。

パスって
なんか良い。

人の想いや
ストーリーがにじむんですかね。

とにかく
深いなぁと思います。

で、、、

パスは
テクニカルな面でも相当深いです。
という話を
これからしたいと思います。

自分はよく
クリニックなどで

パスは味方にメッセージを
 届けるコミュニケーションツールだ。

とちょっと格言風に
お話しさせて頂いているのですが^^;

PGとして
長年プレーしてきた経験から
ホントにそれを強く思っています。

どんなふうにパスを出すか

がイコール

どんなメッセージを伝えているか

ということになるんです。

ただやみくもに出したり
何も考えずに出している

いわゆる
”メッセージ性のないパス”だと

チームメイトと何かしらの
コミュニケーショントラブル(認識の違い)が起こります。

そこシュートじゃねーし!
(パスした側)

てか何したらいいの?
(パス受けた側)

大なり小なり
色んな問題が起こってきます。

にんげんに起こる問題の多くは
コミュニケーション不足が原因です。

バスケットも全く同じです。

解消するには
コミュニケーションをするしかない。

そのための
一つの方法になるのが

実はパスなんです。

パスって
30センチズレるだけで
プレーが変わるぐらい
結構デリケートです。

えっ、マジで!?

と思うかもしれませんが
ほんとに顔一個分ずれるだけで
ガラッと色んな事が変化します。

あとはタイミングも超大事です!

思いのほかデリケートなんです。

なので自分は
パスを出すときは
かなり明確に意図をもって出してきました。

状況によって
パスを出す場所、位置、速さ、タイミング、出し方、出すときの雰囲気・・etc

これらを使い分け、
仲間にメッセージしてきました。

シュート!
行け!(攻めろ!)
待とう。
つないで!
・・etc

これらの何倍もの情報をパスにのせて
味方にメッセージしてきました。

(パスを受けたことがある人は、
分かる!と言ってくれます。)

ある意味、
パスで味方を操作しているとも言えます。

この感覚、スキルを習得すると
かなりバスケットが楽しくなってきます。

チームメイトと
良好なコミュニケーションで
スムーズにオフェンスを
仕掛けて行くことが出来るようになります。

あっこのパスが来たということは、
 そういうことね!

パスによる
阿吽の呼吸です。

パスはメッセージを届ける
コミュニケーションツールなのです。

・・・
・・

ちょっと
ここまで勢いよく
まくし立てちゃいましたが、^^;

パスが大好きなわたくし中川が

パスの大切さと
パスでひろがる可能性
具体的なスキルの数々を
以下教材のなかでガッツリお伝えさせて頂きます。

==========
『考えるスキルブック超実戦パス編』
11/11(金)までは割引価格でご提供!

考えるスキルブック第10弾:超実戦パス編



大変な反響を頂いている同教材。

以下に部分動画もあります!
良かったらご覧下さい!(5分26秒)

すでにご購入頂いた皆さまの
声をお聞き下さい↓↓

==(以下購入者の声)====
今回の動画、早速拝見させていただきました。「感動」の一言です。
とにかく、クリエイティブな感じがたまらないです。子どもたちに、バスケットの持つ魅力を感じさせるのに最高な教材です。
ありがとうございました。

パスの出しどころやタイミングが分かることで指導の幅も広がりますし、生徒の表現力も育まれると思います。そして、表現するためにはファンダメンタル強化が必要なことも再確認できました。

自分はバックコートづくりを大切にし、その勢いを生かしたハーフコートバスケットを展開していくスタイ ルに拘っています。結果、パス力がどうしても必要になります。今回の教材の終盤にありました、パスアンドランや逆サイド展開、エキストラワンなどの内容も今後もう少し詳しく知りたいです。
素晴らしい教材、ありがとうございました。

(群馬県 40代高校教師)
=============

======
パスがめっちゃ回りだしました!笑
今日のトレーニングマッチも時折えげつないパスを通すこともありました!
本当にためになってます!

(名古屋 30代男性)
=============

=======
ビデオ見させていただきました。
目からウロコの部分多くあり、感動しています。

(広島 20代学生)
== =========

======
中川さんのような、誰が見てもわかりやすく実践的なレッスン動画があれば相当違っただろうなと常々思っています。中川さんの動画レッスンはどのカテゴリーにも当てはまり、日本のバスケレベルを必ず引き上げるものと確信しています。

(東京都 男性)
============

======
「最高です!(ビックいいね!)」

(東北 20代男性)
==========

パスでコミュニケーションを行うとは
どういうことか。

場所やタイミングが大事とはどういうことか?

レッスン動画の中で、
超分かりやすくお伝えさせて頂きます。
(過去のプレー映像もあり、
成功パターンがイメージ出来ます!)

大変ご好評頂いている同教材。
とうとう明日11/11(金)24時をもって
割引期間を終了とさせていただきます。

まだご購入されていない場合は
以下よりよろしくお願い致します。

★考えるバスケットの会お問い合わせフォーム↓↓
http://doll-ex.jp/L3452/b0/1t41

クレジットカード払いを
ご希望の方は以下からお願い致します。

★スキルブック購入サイト
http://doll-ex.jp/L3452/c3/41521

よろしくお願い致します!

★今日のなかがわ★

福岡の事務所で仕事に没頭しています。
ちょっと息抜きも兼ね、メールさせて頂きました^^;

近々面白い企画をリリースします!
その準備です。
引き続きがんばります!

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です