【其の十二】おれのバスケ人生マジで終わった・・・??

Afroamerican athlethe playing basketball outdoors - Basketball player dunking on court in New York

こんにちは!
考えるバスケットの会 中川です。

お待たせしました!

大好評の社会人バスケシリーズ
おれのバスケ人生
マジで終わった・・・??

【1話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2171
【2話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2201
【3話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2221
【4話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2241
【5話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2261
【6話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2291
【7話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2311
【8話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2331
【9話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2351
【10話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2381
【11話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2401

今日は第12話目!

2月の全国です!

・・

大会数日前、
母親のことで
色々ありましたが、
<前回のお話はこちら

少し落ち着き、
その流れで臨んだ
2月の全国大会。

・・・。

何はともあれ全国です!

このためにやってきたのです!

切り替えて
日本一を獲りに行くのです!

母ちゃんの
墓をピカピカにし、

床屋で
頭をサッパリさせ、

完全に気持ちは
切り替わっていました。

やるしかない!

僕もチームのみんなも
相当気合が入っていましたよ。

・・

このとき
嬉しかったのが、

チームのみんなが
ユニフォームに喪章を
付けてくれたことです。

九州電力は、
僕以外、全員九州人。

九州の人って
きほん湿っぽいことを
あまり言いません。
(柚木つよしはその典型パターン 笑)

ですが、
こうゆうささやかな
心遣いがとても嬉しかった・・。
(皆さん、あのときは
有難うございました!)

ところで・・

この大会、
凄いことになったのです。

チームの団結力が
凄まじく、
接戦に異様に強い!

一つ目のハイライトは
予選リーグの最終戦。

愛知のホシザキに大苦戦。
残り15秒を切って
2点ビハインド。

…という
かなりの窮地に
立たされていたわけですが、、、

ここで
チームの元気印!!
平山稔先輩の起死回生の
3Pシュートが炸裂し、
1点差の劇的勝利を
おさめることが出来たのです。

この試合もしばらく余韻の残る、
かなり凄い試合だったのですが、

何といってもハイライトは
逆転シュートを決めたあとの平山さん!

基本、この人は
いつも声が大きく、
リアクションもデカいのですが、(笑)

劇的シュートを決めたあとの
リアクションが・・・

いつもの基準の3倍レベル!!

ここぞとばかりに
余りあるパワーを爆発させて
もうよく分からない感じに
なっていました(爆)
(稔さん、嬉しそうだったな~ ^^)

勝ち上がれた嬉しさと
平山さんで勝ち上がれた良い流れ、

アーティサンズは
勢いよく決勝トーナメントに
駒を進めることが出来たのです。
(稔さん、ありがとう!)

自分もしばらく
バスケが出来ていなかったので、

この予選で
バスケット感を
取り戻すことが出来ました。

シュートも入るし、
パスも見えるし、
かなりイイ感じになってきました。

そして迎えた
大会3日目、準々決勝!!

ここからが
本当に負けられない戦いとなります。

ところが・・
トーナメントの一発目!

なんと
前回決勝で破れた
アイシンAWとなりました。><

「うわっ・・、マジか!」

組み合わせの綾で
こうなりました。

「勝てんのか??」

正直、 アイシンAWとは
やりたくありませんでした。

前回も
「0対17」からのスタート・・

不覚をとったというより、
相手にそうさせる巧さがありました。

オフェンスは
こちらの反応を見て
冷静に突いてくるし、

DFFも
何とも言えない嫌らしい間合いで
締めるところを締めてくる。

「なんか、やりづらい・・」

自分がアイシンAWと
対戦して感じた印象は
それでした。

・・

さて、、
緊張のトスアップ。

前回大会の覇者
難敵アイシンAW。

9月、母親の前で
見せたかった、
このチームからの勝利。

そのリベンジマッチが
始まります!

アイシンAWとの準々決勝、
自分で言うのもなんですが、、、

凄いことになりました。

まさか
こんな勝ち方になるなんて。

まるで目にみえない何かに
後押しされているかのように
全てが上手くいくのです。

シュートを打てば入る!
パスを出せば味方が全部決める!

後にも先にも
こんなにリングが
近く大きく感じたことはなかったです。

これを「ゾーン」と
いうのでしょうか?

僕は決してシュートの
達人なわけではないのですが、

このときは
異常なぐらい
シュートが入りました。

どんなに遠くから
シュートを投げても
全部シュートが入るのです。

その時の映像がこちらです(3分20秒)↓↓
https://youtu.be/wxkBW_VOF-s

自分のパスシーンと
得点シーン(FGのみ)を
纏めてみました。

奇跡のような活躍です。
良ければご覧になって下さい。
=========
▼ハイライト動画
アイシンAW vs九州電力(3分20秒)


==============

チームはなんと難敵
アイシンAWに
100点ゲームの大勝利!!

ついに登りつめた
2月の全国でのベスト4!

我がチームは
4日で行われる
チャンピオントーナメントの
最終日に突入することとなりました。

・・

次回、
運命の最終日!

準決・決勝と勝てるのか??

日本一にはなれるのか!?

ここで起こった
ドラマに乞うご期待!

(つづく)

(★13話はこちらから↓↓)
http://考えるバスケットの会/episode13

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 個のコメント

  • いやー!『神ってる』!もしくは、『ゾーンに入ってる』状態ですね!!
    前回のリベンジがこんな試合展開だと、九電のみんなも、観てる方もシビれたでしょうねぇ( ̄▽ ̄)

    でも、ある意味痺れたのは、バッチバチに強くなった九電に触れたアイシンAWさんの方かも…

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です