試合でパスカットされないために

yubi

こんにちは!中川です。

バスケットで
常に意識しているのは

DFFが

自分の見ているほう、
~~~~~~~~~~
向いてるほうを守ってくる。
~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

相手はこちらの予測をし、
先回りしようとしてくるのです。

これには注意する必要がありますが、
それゆえにチャンスもあります。
相手を逆手に取ることが出来るのです。

目線&身体の向きを
あえて違う方向に向けたり、

奥を見ながら手前、
手前を見ながら奥、
といった感じで
目の焦点を工夫したり、

こうゆう小技が
肝になるのがバスケットです。

状況をぼんやり捉えながら、且つ正確に。

始めは難しかったりしますが、
必ず出来るようになります。

「いつもDFFにパスコースを読まれてしまう。」

「ボールをつなげずに困っています。」

そういう方は、
ぜひ目線&身体の向きを
そのままで、

見ずにパスを出す
ノールックパスに
チャレンジしてみてください。

始めは難しいですが、
かなり理にかなっているので
絶対にトライした方がいいです。

あなたのパスの問題が
解決すると思いますね。

(ハンドリングスキルも
練習されてください!)

それで、、、

今回
日本とアメリカのコートで13年、
バリバリの第一線で
プレーしていたプロ選手和之が、

DFFの歪みを突いていく
パススキルについて
以下で詳しく解説しています。
http://kaz.nakagawa.coom/pick-and-roll

なかでも

========
特典1:必ず必要!
「ピック&ロールで覚えるべきパス&練習方法
================

この講義動画は
かなり参考になると思います。
http://kaz.nakagawa.com/pick-and-roll

先日、
動画収録にも
立ちあわせてもらったのですが、

コンパクトなモーションから
繰り出すパスや、

フットワークと併せて
素早くパスアングルを創る
スキルなど、

サラッとやっているようで
やはり上手いなぁと思いました。

本場アメリカで対峙した、
リーチもあり、且つ反応が速いDFFの
隙間を突いていくには
このパスが必要だったようですね。

当時の映像は
こちらから見れます(4分13秒):
★中川和之NBA挑戦時のプレー

プロだけが知っている、
かなり実践的なノウハウです。

パスのイメージアップにも
つながると思うので、
ぜひそういう視点でも
以下動画レッスンをご覧になってみてください。

===========
『KAZ PERFECT SKILL(超実戦ピック&ロール編)』
http://kaz-nakagawa.com/pick-and-roll
※日米13年のキャリアで培ったスキル動画
===============

それでは、
今日もお読み頂き、ありがとうございました。

あなたのプレーの
参考になれば幸いです。

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です