遊び心で相手を出し抜く!鬼ごっこバスケが面白い

rubio

こんにちは、中川です。

昨日は和之との
FBライブ配信をご視聴頂き、
ありがとうございました!^^

最後キレイに終われず、
ちょっとバタバタしちゃいましたが^^;

寛大に見守って頂き、感謝です。

今後も折に触れて、
やっていけたらと思います。

LIVE配信(録画版)を見たい方はこちらから:
https://www.facebook.com/nabron123

・・

さてさて、、、

先日、
高みを目指す
大学女子チームに
5on5のアドバイスを
させて頂きました。

その際にお伝えしたことが

スクリーンプレーをする際の
ユーザー(スクリーンを使う人)の選択です。

スクリーンアクションを
教えるのが、
個人的に大好きでして・・^^

そのチームのオフェンスは、

ビッグマン二人が
変わるがわるボールマンや
オフボールのプレーヤーに
スクリーンを掛けて、
チャンスメイクしていきます。

それを起点に全体も
うねるように連動していくという・・・

面白いオフェンスなのですが、^^

このオフェンススタイルは
DFFの反応に応じて
様々な選択肢が見えてきます。

DFFがスクリーンを
先読みしたら、その裏をかくし、

サボって
ポジショニングしてたら、
まんまと仕留めていくわけです。

スクリーンを使って
相手を振りまわし続ける、
なんだか鬼ごっこのような感覚です。^^

「DFFが一番捕まえづらいの、どれだ??」

こんな遊び心を持ってやるのが
ちょうど良いぐらいの、
まさに鬼ごっこなのです。

ピック&ロールでは、

その前段に
オフボールスクリーンや
パスモーションで
揺さぶりを入れると、
より掛かりやすくなりますね!

ボールマンも
ドリブルアタックで揺さぶり、
カウンター気味に
スクリーンを当て込んだり、

リピックの形で
二度攻めしたり・・。

色々工夫することで
オフェンスに
エッジが効いてきます。

スクリーンプレーで
相手のカバーを誘発出来たら、
まわりの選手もフリーになるし、

このDFFの歪みを
伝播させていく感じが
個人的におもしろく、

僕は本当に
このオフェンスを教えるのが
大好きです。^^

「スクリーンは
遊び心を持ってしたたかに!」

こんなふうに
お伝えしましたが、

本当に
質の高いアイデアを重ねていけば、
さらに良いオフェンスが創れます!

相手をおちょくる感覚で
やるぐらいが
ちょうど良いですね。

味方どおしで
よく目を合わせましょう。

そうすることで、
個人の一瞬のナイスな判断に
呼応することが出来ます。

ピック&ロールは
3人目のプレーヤーを
感じながらやると、
さらにバリエーションが増えて
良い感じです。

そんな感じで、
色々細部まで
お教えさせていただきました。^^

機会をつくってまた
お教えしたいなと思います。

ちなみに、、、
ピック&ロールについては
この教材がかなりお勧めです!

===========
★『KAZ PERFECT SKILL
(超実戦ピック&ロール編)』

http://kaz-nakagawa.com/pick-n-roll
※日米13年のプロキャリアで培った実戦スキル
===============

昨日のライブ配信でも
かなり話題に上がりましたが、

本当にピック&ロールの
細かい部分まで
突っ込んで解説されています。

ライブ配信のコメント欄にも

「ピック&ロール編
かなり勉強になりました!」

「特典だけでも
かなり学びになります!」

「早速練習で実践してます!」

「ほんとに買ってよかったです!」

こんなコメントを
たくさん頂きました^^

日米で13年!プロのキャリアを渡り歩いた
弟和之渾身の対人スキルDVD!!

ぜひ手に取っていただき、
あなたのゲームでも
ご活用頂けたらと思います。
(5つの無料特典もゲットしてください!)

KAZピック&ロールスキルを
今すぐ実践する:
http://kaz-nakagawa.com/pick-n-roll

それでは、
今日もお読み頂き、
ありがとうございました。

またメールさせて頂きますね。

PKG2

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です