センターを起点に攻める!!ポイント・センターという考え方

atu3

こんにちは!
考えるバスケットの会 中川です。

”楽に賢く・ゆるいけど鋭く”

こんなバスケットポリシーを持って
日々クリニックや、
チーム指導をしているのですが、

改めて思うのは、
考えてプレーを創るのって
超面白いなぁ、ということです。

自分の経験から
オフェンスには答えがない、
自由に創って良いものだと思っています。

オフェンスの打ち手は
多ければ多いほど良いし、強いし、

コート上の誰もが
その起点になることが出来れば、
オフェンスの可能性は
もっともっと広がると思っています。

先日会員の皆さまに
コート上の
プレイメイカー(司令塔)の役割を
インサイドの選手にやってもらうパターンを
ご紹介しました。

ポイント・ガードならぬ
ポイント・センターです。

「台形付近のPG」
といった感じでしょうか。

ボールを受けたポストマンが
DFFと駆け引きしながら、
どこにどう攻めていくかを判断し、
そこに味方が呼応していきます。

リングへのアタック、
キックアウト、面取り。

ポップアップ、
からのハンズオフ&ダイブ。

ガードにパスバック
からのピック&ロール・・・etc

右に左に前に後ろに、
色んなパターンと考え方を
お伝えしているのですが、

一見難しそうに見える
これらコンビネーションも
考えていることはたったの一つで、

集めて散らす。
^^^^^^^^^^^^^^^^
ただそれだけです。

まずは強気に攻める!

相手が思わず
カバーしたくなるような
攻め気を見せる!

そこから裏をかく
意外性のあるオフェンスアイデアを
かぶせて相手DFFを出し抜いていきます。

エネルギーの抑揚や
相手の虚を突く、
だましのテクニックなどが、
成功率を高めるポイントになります。^^

チームで連携し、
質の高いオフェンスを
クリエイトしていく
その過程が本当に面白く、
これがバスケットの醍醐味だと思っています。

「中川さん、
今日の動画レッスン最高でした!!
まさにピンポイントな内容で
早速生徒と練習しました!」

と群馬の鈴木先生から
瞬速で熱いフィードバックを
いただきましたが・・・(笑)

僕も渾身の講義を収めたので、
大変嬉しく思います。

ツボが合うって
嬉しいですよね^^

・・

早いもので
オンラインのバスケスクール、
『考えるバスケットの会』
運営を開始して1年半が経ちました。

初期にご入会頂いた皆さまとは
かれこれ1年半以上の付き合いとなります。

毎週欠かさず
僕の動画レッスンをご覧頂き、
一緒に実践し、成長してきました。

皆さま学ぶ姿勢が
とても素晴らしく、
僕もいつも刺激を受けています。

これからも
個人やチームについて、

オフェンス・DFF
ドリブル・シュート・パス・・etc
それぞれのスキル、戦術を
余すことなくお伝えさせて頂きます。

これからも一緒に
進んでいきましょう!

まだまだノウハウはありますので、
楽しみにしていてください。

追伸:

土曜は広島、
日曜は佐賀で会員さんを対象とした
バスケットクリニックを開催しました!

昨日の佐賀は
福岡・佐賀・熊本・長崎・宮崎・鹿児島など
九州6県からお越し頂きました!

日本のどこに行っても
熱心な会員の皆さまとお会いすることが出来、
そして一緒にバスケットが出来る幸せを
噛み締める二日間となりました。

本当に有り難いことだなぁと思います。

改めて自分の与えられている役目を
全うしていきたいと思います。

必要として下さり、いつも本当に感謝です。

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です