引退。カズの挑戦を応援しつづけます!

kawai

こんにちは、中川です。

今年は新しいことを
やろうと思っていまして、

実は一ヶ月が経った2018年、
色々やっています。

そのうちの一つが
昨日受講し始めた
パーソナルトレーニング

僕もぼちぼち36歳。
40歳が見えてきました。

「この歳からのトレーニングが
ここからの基盤を作るよ・・」

と、ある方に言われまして、、
パーソナルトレーナーを付けて
トレーニングを行うことにしました。

やはり、
専門家をつけると
ぜんぜん違いますね!

メニューも豊富ですし、

フォームの修正や、
追い込み所を分かってる(><)
(ぶっちゃけかなりシンドイ・・)

今回専属サポートをお願いした、
プロトレーナーの高橋もときさんは
トレーニングに加えて
ケアもやってくれるので、

身体に張りが出たり、
ゆがみが出た場合も
すぐに気づいてケアしてくれます。

かなり心強いですよ!

一夜明け、
これから先への意欲と安心感で
とにかくテンションが上がっています。

ここから
気合入れて鍛えていきます!

「体・心・技」

2018年、この順番でやっていきます。

(巨人の菅野選手も言っていましたね・・)

・・

さて、、

そして、これは今日のことですが、、

やはりリリースされると
怒涛のように寂しさがこみ上げてきますね・・。

僕の双子の弟和之が
プロバスケットプレーヤーを
引退しました。

9歳からバスケットに出会い、
田んぼで取っ組み合いの
”泥バスケ”をやっていたあの日から・・
気づけば26年も経っていたのですね。

弟のバスケット人生、

振り返って
スゴく頑張っていたと思います。

プロ選手って華やかに見えますが、
僕がそばで見続けてきた和之は
ぜんぜんそんなことはなかった。。

いかつい選手を相手に
毎日毎日限界までハードにプレーするので、
膝とか摩耗してて、
晩年はかなり辛そうでした。><

僕と同じDNAなので、
決してポテンシャルは高くなく、、、
(走るのも飛ぶのも並以下です・・)

まさに身を削りながら
プレーしていたと思います。

だけど、
努力と反復練習で勝ち獲った
プロのコートでの13年のキャリアは
本当に立派だったと思います。

「自分には才能がないのか・・」
「諦めよう・・」

昔、ドリブルが苦手過ぎて、
へこみまくっていたあの日から、

NBAのジェイソン・ウィリアムスに
出会い、覚醒し、

苦手を「得意」に変えて
築き上げた和之のプロキャリアは
多くのファンに勇気を
与えたのではないかと思います。
>>和之のボールハンドリングスキルはこちらから:

僕らは大学まで
一緒のチームでプレーしましたが、

和之と一緒にバスケットした
どの瞬間を振り返っても
ちょっと泣けてきます。

また
ピックアップゲームとかで
一緒にプレーしてみたいなぁ、
と思ったりもしています。

バスケットが
人生の中心だった和之は、

これからもバスケットで
生きていくでしょう。

誰にでも好かれる
人懐っこい性格と、

とにかく
バイタリティが半端ないので、
(いつ会ってもよく喋る・・笑)

絶対に次のステージでも
力強く和之ワールドを
展開していってくれると確信しています。

日米通算13年のプロキャリア、
和之にしか救えない人が絶対にいます。

これからの世代のために、
お互い出来ることを頑張ろう!

僕はいつまでも
兄として応援しています。

それでは
今日は嬉しいこと、寂しいこと
色々書いちゃいましたが、
お読み頂き、ありがとうございました。

色んな意味で気持ちを新たに、
また一つ一つ頑張っていきます!

追伸:

いま和之とちょっと
面白い企画を検討中です。

近日中にご案内出来ればと思います。

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です