バスケットの自信がつく瞬間

lesson

こんにちは、中川です。

あれ、ちょっと上手くなってる?

とあなたは
思ったことはありませんか?

この実感が
前を向かせてくれるんですよね。

日々
「上手くなりたい!」
と努力していれば、

グッと上手くなる瞬間が
あるので信じてやっていきましょう。

一段「跳ねる!」感覚です。

・・

あれは、
僕らが小学5年、

3つの上の兄貴と
家のコートで
1対1をやっていたんです。

小5が中2に挑むので、
スピード・パワー・リーチ、
何から何までかないません。

が、、
強烈な負けず嫌いの弟和之は、

3つ上の兄が相手でも
いつもガチンコで挑んでいました。

「マジで倒してやる!」

と鼻息荒く
体格で勝る兄貴に
前のめりになって
1on1を仕掛けに行くんです。

スラムダンクの沢北が
お父さんに向かっていくような
イメージです。

「あそこで
自分より上の選手に
向かっていく楽しさを知れた!」

と和之が
言っていましたが、

小学生のときのこの体験が、

のちの
アメリカ挑戦までの
ベースになっているそうです。

自分にとって
チャレンジングな
相手に向かっていくのは、

誰しも、
難しく感じたり、コワかったり、
上手くいかないことのほうが
多いと思います。

ただ、
そんな状況下にも
時にエイヤ!で飛び込んでみることを
お勧めします。

上手くなる瞬間って、
そういう体験のあとに
起こったりするからです。

「あの相手にやれたんだ!」

「じゃあ!この相手にだって…」

と、セルフイメージが
一段上がるんですよね。

過去のメルマガ
http://thinkbasket.com/self-image/
でもお伝えしましたが、

バスケットは、

============
自分で自分をどう思うか?
============

これが
超大切なので、

ぜひ自分の
コンフォートゾーン(安全領域)から
時に抜け出すチャレンジも
意識されてみてください。

勇気は要りますが、
そこから得られるものも大きいので。

いま、海を渡り、
本場アメリカでチャレンジしている、

渡邊君も
八村君も

常に高いレベルの
相手に挑んでいってます。

僕らも勇気をもらえますよね。

あなたは向かっていっていますか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~

これから
大事な試合が始まる皆さまへ、

今日は応援の意味も込めて
メッセージさせて頂きました。

明日からの試合、
良い準備をして頑張ってください!

PS:

週末は北海道で
会員さま向けクリニックを開催します。

今回入られた方とも
初顔合わせです。^^

楽しく有意義な時間にします。
よろしくお願い致します!

PPS:

場所と時間に左右されずに
バスケットを学べる場を創りました!

これであなたの
バスケットの夢をかなえましょう。
→ http://doll-ex.jp/L3452/c0/2t6311

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です