【鋭さ命!】1on1ムーブについて考える

1on1photo

こんにちは、中川です。

1on1って
色んなムーブがありますが、

なんだかんだ言って
アタックを仕掛ける瞬間の

沈み込み、
ロードステップ。

そこが超大事だなぁと
最近強く感じています。

そこの鋭さ命なんじゃないかと・・

鋭さ、つまり変化の見せ方ですね。

いきなりフッと消える
大谷選手のスプリットみたいな(??)

出し抜く際に
予備動作がないのが理想です。

ムーブの鋭さについて
ちょっと考えてみたいんです。

バスケットとは関係ないですが、

空手とかボクシングなどの
打撃系種目って
シャドートレーニングというのが
ありますよね。

相手を前に立てず、
鏡の前とかで
カラで自分の武器(パンチ)を
確認していく作業です。

より鋭く!
よりスムーズに!
よりオフェンシブに!

自分の動きを
練磨するトレーニングだと
思うのですが、

バスケってあんまり
ああゆう練習がないように思います。

試合に向けての準備など
チームで色々やることも多いので、

チーム練で
カバーされていない、
個人で磨いていくべき領域。

動きのキレ!
^^^^^^^^^^^^^^

これを
高めていくための
トレーニングの必要性を感じています。

いま、僕が
バスケットクリニックで
熱くしつこく伝えているのは

身体の使い方
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
です。

1on1で相手を出し抜くための

ステップの運び方、

上体の見せ方(ボディフェイク)。

それらの連動、リズム感、

出力&脱力のバランス。

そんな感じの
ちょっとマニュアル化しずらいポイントです。
(やはりやって見せが早いですね ><)

1on1は
ボールスキルの前に
身体の使い方があってこそです。

先日、
3×3でプレーしている知人や
プロのStrengthコーチから
鋭いムーブを創りだすための
考え方をがっつり学ばせて頂きました。

それぞれの専門家からの
情報がつながり
色々リンクするところもあり、

また新たな気づきがあったので
今後折に触れてシェアしていきます。

バスケットは
なんだかんだで1on1!

小・中学生など
育成世代の選手には、
自分で打開する成功体験をつかんでもらい、
バスケットの好循環を
手に入れてほしいと思います。

そのための考え方を
これからも伝えていきます。

…ということで

しばらく書けてなかった
メルマガ頑張りますね><

またメールします!

★今日のなかがわ★

今週末、墨田区の試合に出ます。
そのためのトレーニングに
行っていました。

1年以上ぶりのゲームです^^;
楽しんできます!

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です