【質の高め合い】練習の成果を上げる方法について。

13902719_681807815307755_5962154589850095170_n

こんにちは!
考えるバスケットの会 中川です。

会員の方をむかえ
いよいよ会長っぽくなってきました。

改めて今日から
がんばっていきます!

よろしくお願い致します。

 

さて、、

質の高い
練習をつくるものは
なんなのか?

これをちょっと考えていました。
自分のなかに
ある一つの考えが

======
練習パートナーの
質だなぁ。
========

ということです。

一緒に
練習を組むパートナーの
取組み、姿勢、基準値で

その練習の質や成果
すべてが決まるなぁ
ということです。

ガチでやろう!

対人練習のときは
いつもこのコトバを掛けていますが

これしかあり得ないんじゃないかと
思っています。

バスケットは
人を相手にするスポーツで

リングを目指しますが
やはり対人(たいひと)の意識は
忘れちゃいけない。

試合で人と
ガッツリ競り合うことになるので
普段からガッツリ
仲間と競り合っておくべきだと思います。

そうして
必要なスキル&強さを高めていくんです。

練習でペアを組む人が

どこか手を抜いてたり
遠慮してたり

「これぐらいでいいかなぁ」と
妥協してたら、、

マズイですよね、それは。^^;
仲間の成長を阻んでることになります。

 

良いディフェンスを作るには
良いオフェンスが必要です。

良いオフェンスを作るには
ぜったい良いディフェンスが必要です。

あなたは
良い練習パートナーで
いられていますか?

バスケットに遠慮は不要です。
ガンガン行ってあげて下さい。

それが相手にとっての
ほんとの配慮だと思いますね。

今日も競り合っていきましょう。^^

それしかないです。

やるしかない。

★今日のなかがわ★

今日は群馬に来ました。
これから高校生を教えてきます。

群馬は初めてですね!
楽しみです^^

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 個のコメント

  • 本当にそうだと思います。
    ディフェンスの練習なら、オフェンスが頑張らないと、ディフェンスは鍛えられません。
    中学女子を指導していますが、そう言った練習でのモチベーションを上げるいい方法はなんなのでしょう?いろいろ試しますが、どうしても選手の資質で変わってしまう気がします。
    プレーヤーの視点から見て、どんな方法が効果的なのでしょう?

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です