バスケット上達の秘訣!アメリカのスキルコーチが口にしていた印象的なフレーズ5つ。

egao

ども!
中川直之です。

先日海外のスキルレッスンを体感しに、カリフォルニア州サンタクルーズに行ってきました。

元NBAの本場のスキルコーチのレッスンを体感しに行って来たのです。

バスケットの本場、アメリカ。
そこのスキルレッスンで行われていることが何なのか?

メニューそのものにも当然興味がありましたが、自分が個人的にむちゃくちゃ興味があったのは

現地のコーチがプレーヤーにバスケット指導するにあたって

どんな表現を使っているのか?
どのように選手をモチベートしていくのか?

そのあたりの対人支援のスキルに、非常に興味がありました。

いわゆるティーチングではなく、コーチング!

選手を引き上げ、モチベートしていく、コーチの関わり方を見てみたいなぁと思ったわけです。

講師は、元NBAメンフィス・グリズリーズのコーチであり、現カリフォルニア大学サンタクルーズ校バスケ部コーチのロン・デュボイス氏

sannninn受講者は、現レバンガ北海道の副キャプテン。日本とアメリカを行き来するバスケット界の若武者、牧全(まき・ぜん)選手です。
(以下度々「全」と表現させて頂きます。)

今日は個人レッスンの中で、本場アメリカのコーチが口にしていた印象的なフレーズ5つをあなたにシェアしたいと思います。

ストップ・オン・ア・ダイム(Stop on a dime!)

直訳すると

「dime(10セント硬化)の上に急停止しろ!!」

・・・

どうゆうこっちゃ(笑)って感じですが、このコトバは、ドリブルの緩急を磨くドリルのときによく出てきてました!

ドライブ

デュボイス氏は、NBAのスーパーハンドラー、カイリー・アービングが優れている点を”動く”と”止まる”の緩急が素晴らしい事だと言っていました。

「即座にピタッと止まるんだ、全!まるでコインの上に乗るようにだ!そうだ!その調子だ !」

こんな感じで伝えていました。

「206cmのケビン・デュラントでさえ、床に手をタッチするような低さでドライブするんだ!」

ドライブの際に意識したい低姿勢、からの急停止、からの鋭いアタック!

このへんの緩急を磨くことが1on1で相手を出し抜くために、スゴく重要なことだとデュボイス氏は何度も言っていました。

全くんの緩急のメリハリが、みるみる良くなっていくのが傍から見てても分かりましたね。

アクセレレイト(一気に加速)!

「アクセルを入れるように、一気に上げろ!加速するんだ、全!」

これもドライブの速度を高めるドリルのときに言われていました。
makizen%e3%80%80doraibuドリルをこなしていくと、徐々にスピードの変化が惰性になってくることがあります。そこをデュボイス氏が直ぐに指摘し、軌道修正していってました。

「ノー!そうじゃない、全!もっと加速するんだ!」

プレーヤーというのはなかなか自分で自分のパフォーマンスを認識しずらいもの。
そこをコーチが第3者視点から、適宜アドバイスすることで、直ぐにフォーカスが変わり、つねに基準を高いところでキープしていました。

選手とコーチが二人三脚!
こうして鋭い動きを磨いていっているんですね。

アメリカのスキルコーチの立ち位置、役割をほんとの意味で理解出来たような気がしました。

マッスルメモリー(筋肉に記憶させる)

バスケットでも何でもそうですが、身体が記憶していないことは実戦では出来ない。
とデュボイス氏は言っていました。

確かにそう思います!

向こうの表現では、これをマッスルメモリーと言っていました。

バスケットに必要な動きや反応を身体に覚え込ませて、試合で使えるムーズに昇華させていくイメージでしょうか。

試合ではふだん練習でやっていることや、そこでの基準が出るもの。
なので練習の段階で高い基準、負荷を体に記憶させ、耐力を養っておくんだそうです。

そうすることで試合でハイパフォーマンスが出せるというわけです。

マッスルメモリー。このコトバはなんだかキャッチーですね。

練習に対する意識の高さを感じましたね。
バンプ

エクスプロージョン
(爆発)!!

「全、爆発させるんだ!!」

ドライブの初動やシュートフィニッシュなどで常々このコトバを言われていました。
makizenn%e3%80%80haijannpu

爆発するんですから、自分のカラダのキャパ・閾値を超える意識ですよね。

「どんな練習をするかが大切なんじゃない!どう練習に取り組むかが最も大切なんだ!」

デュボイス氏のこのコトバにふるえました。。

アメリカのスキルレッスンはメニューもそうですが、ディテールにかなりこだわっています。

細かい部分をより意識し、つねに限界にチャレンジしようとするスタンスが、圧倒的な違いを作るんですね。

グー!オッケー!ナイス!

選手がプレーする際に、常にこうしたコトバ掛けをされていました。

選手のステート(状態)を盛り立てられるよう、つねに抑揚をつけて、声掛けしているのが印象的でした。

選手がバスケットしやすい空気を創りだすのもコーチの仕事。

デュボイス氏のコトバ掛けにより、全くんの集中力は加速し、完全に爆発していましたね。^^

以上、本場のスキルコーチの口から出てきた印象的なフレーズをご紹介させて頂きました。

いかがだったでしょうか?

やはりにんげん、惰性でバスケットをしていると、鋭さやキレがなまってきます。
なまったものは研がないといけませんよね。

まさにアメリカのスキルレッスンは、
刃を研ぐイメージ

スキルコーチが適宜ポイントを伝えながら、エンパワー(勇気づけ)し、スキルとアスレチック面両方を強化していく姿には、圧倒されました。スキルフルなNBA選手がたくさん輩出されるのはスキルコーチがいるからなんですね!

アメリカのバスケット修行、かなり濃密で、多くの学びとインスピレーションを受けた時間となりました。

レバンガの若武者、全くんもベストを出し切り、かなり充実したトレーニングとなったようです。

また機会を作ってアメリカ行ってみたいなぁと思いますね。

ちなみに、、、

今回のスキルレッスンの模様は
以下『考えるスキルブック:アメリカワークアウト編』のなかでもガッツリお伝えさせて頂いております。

考えるスキルブック第7弾:アメリカワークアウト編

大変ご好評頂いております↓↓

全てのプレーが上手くなるための秘訣がわかりました。
“全、ぜんぜん遅いよ”
途中、こんな言葉をロンコーチが全選手に投げかけたりと、、一つのメニューに対する練習の熱度がぜんぜん違うことを知りました。
NBA選手の例を出したりしてくれるのでとても分かりやすかったです!
早速自分の練習に生かしていきます!
(購入者さま 20代男性)

私中川がアメリカで目にしたものが、たくさんの方の気づき・発見につながれば嬉しいです!

また学んだことなど、シェアしていきますね^^

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です