体験に勝る学びなし!大切なのは勇気です

Fotolia_107292480_Subscription_Monthly_M

こんにちは、中川です。

先月、
地元下関のミニバスのカップ戦、
J-COM杯にて決勝戦の解説を
させていただきました!

むかし下関のバスケ塾で
関わっていた子たちが
すっかり最上級生になってて

なんだか時間の流れって
早いなーと感慨にひたっていました。
(子供の成長ってホント早い!)

試合では
ミスをおそれず
果敢にプレーしていたのが良かったです。

解説も楽しませて頂きました^^
ありがとうございました!

・・

そうそう、、

よく
ミスをしたらダメですよ、
と言われますが、

自分は
ミスしてもいいと
思っています。

ミスをおそれず、

まずは実戦でチャレンジし、
その経験から、
次回より良くやる方法を
掴んでいってほしいと思います。

例えばパス。

僕は過去バスケ人生において
どれだけパスミスを
してきたか分かりません。(笑)

ただ、
それが通るか
通らないか

出してみないと
分からないものです。

ミスしてみないと
分からないことってあります。

体験に勝る学びなし。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

何事も自分はそう思っていて、

それがスコアになろうと
ターンオーバーになろうと、

自分の身体で
どんどん体験しにいくベきだと思います。

つまり
チャレンジしないとダメなのです。

ミスになっても何度もです。

もし仮にパスが通らず、
DFFにカットされる
ということがあったなら、

ハンドリングが悪かったのか

パスのスピードが遅かったのか

判断の速度が遅かったのか

相手に読まれない駆け引きが
必要だったのか

対戦する相手のレベルに拠る、なのか

このケースでは・・、なのか

トライしてみて
はじめて
コケた原因が分かるんです。

これって
スゴく大切で、
実戦からしか学べない活きた情報です。

~~~~~~~
失敗とは
うまくいかないことを
確認できた成功。
~~~~~~~~~~~

エジソンさんが素晴らしい
名言を残されていますが、

バスケットも
たくさん実験をしたらいいと思います。
言ってしまえば、科学です。

ガンガンミスしましょう。

そこから掴み取りましょう!

チャレンジした人だけが
得られる活きた情報を。

そうして成長していくものだと
思います。

大切なのは
ミスをおそれない勇気です。

勇気があれば何でもできます。

指導者の方は
どうか、その勇気をくじかないように、、、

そこだけは
強くお願いしたいですね。

メルマガ背景
メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です