「なぜ日本人は試合で喋らないのですか・・。」

makizen

こんにちは!
考えるバスケットの会 中川です。

日本人はアップではかなり声を出すのに
試合になると全然しゃべらない。
うちの国ではむしろ逆だ。

中学生の試合をみた、外国人の人が
これを言っていたそうです。

なかなか
核心を突いてきますね^^;

「何で喋らねぇんだよ。」

これは自分も
中学時代、言われたことがあるんです。
県内の強いチームを指導していた
外部コーチの方から言われました。

..でも、そのときは言ってることが
あまり腹に落ちていませんでした。

たぶん、
そのときのモヤモヤを
言葉にするとしたら、、

そんなカジュアルに
バスケやってないっす!

だったと思います。

(当時はこんなコトバ
出てきませんが^^;)

中学校時代の自分は
割とおとなし目の少年で・・

先生に教えてもらったことを
とにかくガムシャラに一生懸命やる、
タイプでした。

守破離で言うと完全に”守”。

受け身だったわけではないですが
今振り返れば、ちょっと主体性に
欠けていたかも?

でも、中学って
そんなものだったような気も
するし・・^^;

自分の場合は、喋ったり、
コートで人を動かすスキルの必要性は
そこから先のカテゴリで
本当の意味で理解するようになりました。

「喋ろうよ。」
と言われて、
当時はピンと来てなかったですが、

喋ることが大切なのは
いま経験から強く思っています。

アップのときの
「ファイトー」とか
「エイオウ!」とか

ああゆう声出しは
結構やる人はいますが、

やはり、プレー中は

実用的な声。
^^^^^^^^^^^^^^

これがとっても大切だと経験から思います。

「何番OK!」
というディフェンス時のピックアップや

「1本これで行こう!」
というオフェンスエントリーのコールとか

「スイッチでお願い!」
というスクリーンアクションに対しての
コミュニケーションとか

その他流れのなかでの
必要な声掛け・指示とか・・etc

人と人が交わるスポーツで
それぞれ瞬時に考えてることは
まちまちなので

喋って意思疎通を図る
必要は当然あるし、
やったほうが良いのは間違いない。

日本人はなぜ試合になると喋らないんだ・・。

これはたしかに
奇妙な光景だったかもしれませんね。

気づきを頂き、ありがとうございます。

バスケットを教える側としても
喋る必要性をしっかり伝えていきたいと
思います。

★今日のまとめ★

実用的な声をもっと出していこう!

追伸:

今日は日中、
弟和之が所属しているプロチーム、
アースフレンズ東京Zさんにて
お仕事関係のお話してきました。

選手の皆さまの練習も少しだけ拝見させて頂きました。
Bリーグ、盛り上がってきてますよね!^^
自分も出来るご協力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 個のコメント

  • 自分もそう思います!
    コーチとして教えているミニバスの子供達にも、特にPGの子には「中で声出そうよ!」と、話しています!
    ただ、なかなか声が出ないのが現状。。

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です