【動画あり!】1対1のDFFってどうしてますか?

6591

こんにちは、中川です。

よくオフェンスは
緩急が大事だと言われますが、
じゃあそのオフェンスを
守るときにはどうすれば??

というのも同時に
考えていきたいものです。

一つは緩急の
”急”に備えることが大切です。

予測するのです。
相手の攻め方や
攻めてくるなー、というタイミングを。

自分は相手が
いつアタックしてくるかを
身体の軸、踏み込み具合、目線、呼吸などから予測するようにしていましたね。

あとはプレー配分的に
ぼちぼち仕掛けてくるんじゃないか?

まわりとのスペース的にも
ここはアタック仕掛けてくるんじゃないか、
という空気感も判断材料にしていました。

相手が「来るな!」と
思ったそのときに
ギアと注意力をマックスにして
待ち構えていられるかが大事だと思います。

相手を「行こう!」と、
その気にさせないことです。

インラインにまめに立ち、
ロブとか接触もちょくちょく入れつつ、
ストレスを掛けて、オフェンスの
腰を折っていきたいです。

相手が仕掛けてくる最初のほうで
上手く対応できれば、
意外とおとなしくしてくれます。

「こいつイケる!」
と弱みを見せたら、
その後の展開がムズカしくなるので、

仮にやられても
ポーカーフェイスで。

僕もプレーヤー時代、
クイックで、出来れば
マッチアップしたくないなー(><)
と思う猛者と何人も対戦してきました。

意識したのは、

力のある相手の得意な間合いでプレーさせない。

味方と連携して上手く守る。

ということでした。

「バスケはオフェンスとDFFどっちが強いですか??」

とよく聞かれますが、

どっちも強い!
というふうに思っています。

ただ、

オフェンスが行う駆け引きは
大きく二つで、

押す、引く。
^^^^^^^^^^^^^^

これに対して
デイフェンスは

詰める、下がる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

このいたちごっこのような
間合いの駆け引きに勝利できれば、
そちらが強いということになります。

「間合いを制する者は1対1を制す」

対人のリアルな駆け引きを
楽しめるよう、たくさん1対1を練習して
実戦感覚を掴んでいきましょう。^^

ちなみに・・・

間合いや、
相手の1対1を予測するにあたっては

こちらの
動画なんかが参考になると思います。

==========
★『1on1のディフェンス
予測の仕方 徹底解説』(11:45)


===========

かなりの方に
ご覧いただいいているようです。

まだ見られていない方は
以下からどうぞ↓↓

===========
★『1on1のディフェンス
予測の仕方 徹底解説』(11:45)
https://youtu.be/JJFiTA0z4zQ
===========

バスケの1対1って
空手やボクシングなど
打撃系格闘技の間合いの
駆け引きと同じだと思っていて、

自分と相手との
能力の兼ね合いで、

行けそうなら詰める!
危険なときは下がる!

那須川天心くんや
堀口恭司選手などの
攻防の駆け引きも
ふつうに観てて参考になると思います。

良ければ、
Youtubeなどでご覧ください。

対人スポーツって面白い。

楽しめるようになるための
ノウハウや考え方を
これからもシェアしていきますね。

それでは今日もお読みいただき、
ありがとうございました!

またメールさせて頂きます。

中川直之(今日は山口に向かっています)

メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です