【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!

バスケに欠かせないものといえば「バスケットシューズ」。
みなさんはどのような基準でバッシュを選んでいるでしょうか?

衝撃吸収性などの機能、デザイン、カラーリング、履き心地、どれも譲れない大事な要素ですよね。

バッシュにはもうひとつ大事な要素、カットの違いがあります。

カットとは足首をサポートする部分の高さのこと。
ハイカットであればくるぶしが隠れる位の高さ、ローカットならくるぶしの下くらいまでの高さです。

現在の主流はローカットで、各ブランドから発売されているバッシュはほとんどがローカットのモデルになっています。

なぜ今ローカットが流行っているのか、メリットやデメリットを解説しながら、おすすめのバッシュを紹介していきましょう!

※【業界初】バスケを「習いたい人」と「教えたい人」をマッチングするサービスを公開!
考えるバスケット教室へ今すぐアクセス!

※ 考えるバスケット教室の講師登録方法はこちら
講師さまのご登録はこちら

【完全版】バスケットシューズおすすめ人気ランキングベスト10
【完全版】黒色バスケットボールシューズおすすめ50選!メンズ・レディース・ジュニア・審判用まとめ!

このページでお伝えすること

ローカットバスケットシューズのメリットとデメリット

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!

ローカットのバッシュは、くるぶしの下までのスニーカータイプのものです。
現在、NBAのシグネチャーモデルをはじめ、新しいバッシュはほとんどがローカットになります。

ローカットモデルのメリットは3つ。

  1. 軽いのでスピードアップ!
  2. ハイカットに比べると安い!
  3. 種類が豊富!
デメリットは2つ。
  1. 脱げやすい
  2. ハイカットよりも安定感がダウン
では、それぞれについて詳しく見ていきましょう!

メリット1. 軽くて走りやすいのでスピードアップ!

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!

ローカットのバッシュは、とても軽く作られています。
安定性重視のハイカットと比べてみると、その差はハッキリとわかるほどです。

足首の自由度も高く機動性は抜群なので、ハイカットよりもステップや切り返しがしやすいんですね。

つまり、ローカットを履けばプレーのスピードもアップするということです!

メリット2. ハイカットよりも少し安いのでお財布に優しい!

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
近年、ハイカットのバッシュは数が少なくなっています。
新しいバッシュでハイカットを選ぶとなると、シグネチャーモデルや過去の人気モデルの復刻版など。

そうなると値段も決して安くはありません。

その点、ローカットは数も多く出回っており、各ブランドから次々リリースされていますので、比較的お手頃な価格で手に入れることが可能なのです。

もちろんプレミアが付くようなレアモデルは別ですが、ハイカットと比べるとお財布に優しいのがローカットのメリットのひとつですね!

メリット3. 種類が豊富なのでメンバーと被りにくい!

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
バスケの練習着のコーディネートは、どうしてもメンバーと被りがちになりますよね。

ここ数年のバッシュの主流はローカットモデルですので、各ブランドから様々なデザインのバッシュが発売されています。
また、同じモデルであっても、カラーリングの種類が多いというのも特徴です。

人気のモデルはコラボなどでさらにバリエーションが増えるということもあるんですよ。

ウェアやバッシュに個性を求めるならば、種類豊富で被りにくいローカットがおすすめです!

デメリット1. ハイカットよりも脱げやすくなってしまう!

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
くるぶしの下までしかないローカットは、足首までしっかり固定できるハイカットに比べると、脱げやすいというのがデメリット。

もちろん、普通にプレーしていて脱げてしまうことはありません。

ですが、混戦状態でバッシュを踏まれたり、つまづいてしまったときなどは、ハイカットよりもバッシュが脱げやすくなってしまうのです。

特殊な状況でのことなのであまり心配しすぎる必要はありませんが、脱げやすいという点についてはデメリットのひとつになります。

デメリット5. 安定感はダウンするので捻挫癖がある人には不向き!

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
足首が固定されないことは機動性が上がるのでメリットになりますが、固定されていないことで不安感を覚えるという人もいます。
それは、捻挫などの足首の怪我が癖になってしまっているプレーヤーです。

ハイカットのバッシュはしっかりと足首をサポートしてくれるので、安定性の面では非常に優れています。

ローカットに不安があるというプレーヤーにとっては、安定性が低い点はデメリットというわけです。

ローカットのバスケットシューズが適しているポジション

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
ローカットは機動性が高く、スピードプレーヤーのポテンシャルを発揮できるバッシュです。
ポジション的には、ポイントガード・シューティングガード・スモールフォワードといった、アウトサイド寄りのプレーヤーに適していると言えます。

ですが、近年はゴール下で活躍するパワーフォワードやセンターでも、ローカットを選ぶプレーヤーが増えているのです。

NBAやBリーグでも、ビッグマンもスリーポイントシュートを打つ「ストレッチ・フォー」のような、特別なポジションが注目されていますよね。

そういうプレーヤーは、以前のようなゴール下で戦うためのシューズの安定感より、コート内を走り回れる機動性を重視するようになってきているのです。

つまり、ポジションというよりもプレースタイルによって、機動性を重視するプレーヤーに適しているということになります。

【メンズ】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!

それでは、メンズのおすすめローカットバッシュを20足紹介していきます!

No. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
商品名 GLIDE NOVA FF(グライドノヴァ FF) GELBURST 24 LOW(ゲルバースト 24 ロー) LEBRON XVIII(レブロン 18) PG4 KYRIE LOW 3(カイリー ロー3) EP ZOOM FREAK 2(ズームフリーク 2) KOBE MAMBA FURY EP(コービー マンバ フューリー EP) ZOOM RIZE 2(ズームライズ 2) JORDAN REACT ELEVATION(ジョーダン リアクト エレベーション) Air Jordan 34 Low(エア ジョーダン 34 ロー) DAME 6(デイム 6) D.O.N. Issue #2(ドン イシュー #2) Harden Vol.4 × Daniel Patrick(ハーデン Vol.4 × ダニエル・パトリック) Pro Boost Low(プロ ブースト ロー) Marquee Boost Low(マーキー ブースト ロー) HOVR Havoc 3(ホバー ハボック 3) Curry 6 “Dub Nation”(カリー 6 ”ダブ ネイション”) spawn 2(スポーン 2) 495-LO OMN1S LOW
画像
ブランド アシックス アシックス ナイキ ナイキ ナイキ ナイキ ナイキ ナイキ ナイキ ナイキ アディダス アディダス アディダス アディダス アディダス アンダーアーマー アンダーアーマー アンダーアーマー Q4 SPOTS ニューバランス
サイズ展開 23.0cm~30.0cm 23.5cm~30.0cm、31.0cm 26.0cm~29.5cm 25.0cm~29.0cm 26.0cm~29.0cm 25.0cm~29.0cm 26.0cm~30.0cm、31cm、32cm 25.0cm~31.0cm、32.0cm、33.0cm 25.0cm~29.0cm 26.0cm~28.0cm 24.5cm~37.5cm 22.5cm~32.0cm 26.0cm~37.5cm 25.0cm~37.5cm 25.5cm~29.5cm 25.0cm~27.0cm 25.5cm~30.0cm 23.0cm~35.0cm 26.0cm~30.0cm 25.0cm~30.0cm
カラー展開 全5色展開 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色
価格 10,725円 12,375円 21,000円 10,010円 14,300円 14,300円 19,999円 13,640円 10,980円 34,100円 15,400円 8,008円 20,900円 10,010円 21,100円 13,750円 26,400円 8,855円 20,900円 24,799円

1. 【アシックス】GLIDE NOVA FF(グライドノヴァ FF)

・サイズ展開:23.0cm~30.0cm
・カラー展開:全5色展開
・価格:10,725円(税込)
アシックスNOVAシリーズのローカットモデル「グライドノヴァ」。

インナーブーティは靴下のような感覚で履けるので、足へのフィット感はローカットでありながらしっかりとしたものになっています。

アシックスの新しいデザインと、軽量で優れたクッション性が特徴です。

2. 【アシックス】GELBURST 24 LOW(ゲルバースト 24 ロー)

・サイズ展開:23.5cm~30.0cm、31.0cm
・カラー展開:1色
・価格:12,375円(税込)
アシックスのスピードコンセプトモデル、ゲルバースト24のローカット版。

歴代モデルはリピーターが多い大人気モデルとなっていますが、この24代目では高速化する現代バスケに対応するためさらに進化しました。

ステップから前方向への推進力を追及したことで、プレーヤーのパフォーマンスを限界まで引き出してくれます。

3. 【ナイキ】LEBRON XVIII(レブロン 18)

・サイズ展開:26.0cm~29.5cm
・カラー展開:1色
・価格:21,000円(税込)
日々進化を続けるNBAのキング、レブロン・ジェームズの18作目となるシグネチャーシューズです。
レブロンの驚異的なパワーとスピードをサポートすることに特化したモデル。

前作から引き継いだニット構造のアッパー「KnitPosite(ニットポジット)」により、軽量で優れたフィット感を実現しています。

ローカットでありながら安定感のあるバッシュです。

4. 【ナイキ】PG4

・サイズ展開:25.0cm~29.0cm
・カラー展開:1色
・価格:10,010円(税込)
ポール・ジョージのシグネチャーモデル4作目。

ドライブ主体から3ポイントとタイトなディフェンスプレーヤーへとスタイルが変化したことで、シューズの特性も前作までとは異なるものになりました。

歴代モデルよりもクッション性能を重視しており、柔らかい履き心地と衝撃吸収性は、シューターに特におすすめできるシューズになっています。

5. 【ナイキ】KYRIE LOW 3(カイリー ロー3) EP

・サイズ展開:26.0cm~29.0cm
・カラー展開:1色
・価格:14,300円(税込)
カイリー・アービングの大人気ローカットシグネチャーシリーズ3作目。
ミッドカットのカイリー6と同じように、ストラップが搭載されたスタイルが特徴です。

カイリーの変幻自在なステップを支えるシグネチャーシューズに、さらなる俊敏性を求めて作られたローカットモデルとなります。

6. 【ナイキ】ZOOM FREAK 2(ズームフリーク 2)

・サイズ展開:25.0cm~29.0cm
・カラー展開:1色
・価格:14,300円(税込)
ヤニス・アデトクンボのシグネチャーシューズ第2弾となる「ズームフリーク2」。

シューズの固定による足へのストレスを減らしながらも、ホールド性・フィット性は高く、履き心地が良いのが一番の特徴となっています。

また、他のナイキのバッシュと比べて柔らかい作りになっていますので、素足に近い感覚で自由なステップが実現できるシューズです。

7. 【ナイキ】KOBE MAMBA FURY EP(コービー マンバ フューリー EP)

・サイズ展開:26.0cm~30.0cm、31cm、32cm
・カラー展開:1色
・価格:19,999円(税込)
コービー・ブライアントのアナザーシグネチャーモデル「マンバフューリー」。

全世界のローカット流行の先駆けとなったコービーのシグネチャーシリーズは、どれもシンプルで履きやすく超軽量なのが特徴です。

カラーリングによっては安く手に入るモデルもありますが、今後値段が上がる可能性もありますので、購入は早めが良いですよ!

8. 【ナイキ】ZOOM RIZE 2(ズームライズ 2)

・サイズ展開:25.0cm~31.0cm、32.0cm、33.0cm
・カラー展開:1色
・価格:13,640円(税込)
ナイキの新しいシリーズ「ズームライズ」の第2作目となるモデル。

今回は「ズーム BB BXT」のテイクダウンモデルという位置付けになりますが、もちろん機能的に劣るようなものではありません。

前作よりも軽量性と反発性を強化したことで、エネルギーリターンがさらにアップしています。

9. 【ナイキ】JORDAN REACT ELEVATION(ジョーダン リアクト エレベーション)

・サイズ展開:25.0cm~29.0cm
・カラー展開:1色
・価格:10,980円(税込)
ジョーダンブランドから、リアクトを搭載したお手頃価格のシューズが登場しました。

リアクトとは、軽量性・反発性・クッション性・耐久性を高レベルで兼ね備える、ナイキ独自開発の万能素材のこと。

シューズのヒール部分はアキレス腱をサポートするように伸びており、ローカットでありながら安定感のある作りになっています。

多くのプレーヤーから高評価を得ている今大注目の1足ですよ!

10. 【ナイキ】Air Jordan 34 Low(エア ジョーダン 34 ロー)

・サイズ展開:26.0cm~28.0cm
・カラー展開:1色
・価格:34,100円(税込)
八村塁選手も履いているエアジョーダン34のローカットモデル。

このシューズはジョーダンシリーズ史上最も軽量で、NBAではルカ・ドンチッチが履いたことで注目を集めました。

シンプルに「バスケに必要な要素だけ」を追求したデザインで、NBAでも着用するプレーヤーが多い人気のバッシュです。

11. 【アディダス】DAME 6(デイム 6)

・サイズ展開:24.5cm~37.5cm
・カラー展開:1色
・価格:15,400円(税込)
ダミアン・リラードの6作目となるシグネチャーモデルです。

ゲームとプライベートで2つの顔を持つリラードの2面性をイメージし、バッシュ内側と外側でカラーが異なるデザインを採用。
人気の高いモデルで、これまでに20種類を越えるカラーリングが発表されています。

次のモデル「DAME7」の販売が開始されましたので、6を狙っている人は今のうちに購入しましょう!

12. 【アディダス】D.O.N. Issue #2(ドン イシュー #2)

・サイズ展開:22.5cm~32.0cm
・カラー展開:1色
・価格:8,008円(税込)
アディダスと契約するドノバン・ミッチェルのシグネチャーモデル第2弾「D.O.N. Issue #2」。

シューズ名の「D.O.N」はミッチェルの座右の銘「Determination Over Negativity(ネガティブな気持ちを越える決意)」という意味です。

ミッチェルが大好きなスパイダーマンがデザインにも取り入れられており、シュータンの裏にはスパイダーマンの顔がプリントされています。

13. 【アディダス】Harden Vol.4 × Daniel Patrick(ハーデン Vol.4 × ダニエル・パトリック)

・サイズ展開:26.0cm~37.5cm
・カラー展開:1色
・価格:20,900円(税込)
ジェームズ・ハーデンのシグネチャーモデルと、スポーツウェアデザイナーのダニエル・パトリックがコラボレーション。

4作目となるハーデンのシューズは、アディダスの新素材「ライトストライク素材」によって軽量性と反発性が格段にアップしています。

コラボモデルということもあり、ノーマルモデルには無いアッパーのグラフィックが特徴のシューズです。

14. 【アディダス】Pro Boost Low(プロ ブースト ロー)

・サイズ展開:25.0cm~37.5cm
・カラー展開:1色
・価格:10,010円(税込)
アディダスのクッション素材「Boost(ブースト)」と「Lightstrike(ライトストライク)」を組み合わせた新作バスケットシューズ。

軽量でクッショニングに優れており、着地の衝撃を蹴り出す力に変えるエネルギーリターンに優れたバッシュになっています。

靴ひもがコードで繋がれている「コードシューレースシステム」によって、抜群のフィット感が得られるシューズです。

15. 【アディダス】Marquee Boost Low(マーキー ブースト ロー)

・サイズ展開:25.5cm~29.5cm
・カラー展開:1色
・価格:21,100円(税込)
着地の衝撃を推進力に変えるエネルギーリターンを追求して開発された「マーキーブースト」のローカットバージョン。
このモデルは、NBAのオールラウンドプレーヤー、ブランドン・イングラムが着用し話題になりました。

見た目はどこか懐かしい感じのクラシカルデザインですが、最新鋭の機能をフルに搭載したハイスペックなバッシュですよ。

16. 【アンダーアーマー】HOVR Havoc 3(ホバー ハボック 3)

・サイズ展開:25.0cm~27.0cm
・カラー展開:1色
・価格:13,750円(税込)
UAホバー クッショニングを搭載するホバーハボックの3代目。
かかとを包むように設計されたホバークッショニングにより、着地やステップの横のブレを軽減してくれます。

ヒール部分が高くなっていますので、かかとからアキレス腱までしっかりとサポートしてくれて、安定性が抜群に高いバッシュです。

UAホバーテクノロジーの「無重力空間にいるような履き心地」をぜひ体感してみてください。

17. 【アンダーアーマー】Curry 6 “Dub Nation”(カリー 6 ”ダブ ネイション”)

・サイズ展開:25.5cm~30.0cm
・カラー展開:1色
・価格:26,400円(税込)
ステフィン・カリーの6番目のシグネチャーシューズです。
アッパーは全面がニット素材で、靴下のように足を入れることができる構造。

しっかりしたヒールパッドでズレやブレを防止してくれますので、素早い切り返しなどでも安定したプレーが可能です。

シューズ名の「ダブ ネイション」とは、「ウォリアーズの熱狂的なファン」という意味で使われている言葉なんですよ。

18. 【アンダーアーマー】spawn 2(スポーン 2)

・サイズ展開:23.0cm~35.0cm
・カラー展開:1色
・価格:8,855円(税込)
シューズのフィット感を追求した「UA スポーン2」。

足の骨格や動きを解剖学の観点から徹底的に分析し開発されたシューズで、しっかりと固定しながらも足の自然な動きを邪魔しない作りになっています。

足全体をホールドしてくれる「UA アナトミクス」と、軽量で高反発な「マイクロG」の搭載により、正確で素早い蹴り出しを可能にしたバッシュです。

19. 【Q4SPORTS】495-LO

・サイズ展開:26.0cm~30.0cm
・カラー展開:1色
・価格:20,900円(税込)
「Q4SPORTS」から発売されている、デトロイト・ピストンズのラングストン・ギャロウェイのシグネチャーモデル。

Q4SPORTSは、アメリカのロサンゼルスに本社を置くスポーツブランドで、近年NBAでは3選手が契約しシグネチャーモデルを発表しています。

ギャロウェイは、このシューズにアニメのキャラクターがプリントされたモデルをゲームで履いていますが、日本での販売はまだ行われていないようです。

20. 【ニューバランス】OMN1S LOW

・サイズ展開:25.0cm~30.0cm
・カラー展開:1色
・価格:24,799円(税込)
カワイ・レナードが契約するニューバランスのバッシュ「OMN1S」のローカットモデル。
OMN1Sはレナードが契約したシーズンに着用していたモデルで、非常に人気の高いバッシュです。

ニューバランスのバッシュは日本の公式ショップでもまだ取り扱いが無く、ネットショップでしか購入することができません。

今後プレミアが付くことが予想されますので、検討している方は早めに購入することをおすすめします!

↓「考えるスキルブック 第6弾 スクリーンプレー編」を無料で受け取るにはこちら

【レディース&キッズ】ローカットのバスケットシューズおすすめ10選!

次に、レディースとキッズにおすすめのローカットバッシュを見ていきましょう。

No. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
商品名 Zoom Freak 1 GS(ズーム フリーク 1) Jordan Why Not Zer0.3 SE(ジョーダン ワイ ノット ゼロ 3 SE) TEAM HUSTLE D9(チームハッスル D9) Jordan Jumpman 2020 GS(ジョーダン ジャンプマン 2020) Kyrie Flytrap III GS(カイリー フライトラップ 3) GLIDE NOVA FF(グライド ノヴァ FF) Dame 7(デイム 7) D.O.N. ISSUE #1 GS(ドン イシュー #1 GS) Harden Stepback(ハーデン ステップバック) Curry 3 Zero III GS(カリー 3ゼロ 3)
画像
ブランド ナイキ ナイキ ナイキ ナイキ ナイキ アシックス アディダス アディダス アディダス アンダーアーマー
サイズ展開 22.5cm~25.0cm 22.5cm~25.0cm 23.0cm~25.0cm 22.5cm~25.0cm 22.5cm~25.0cm 23.0cm~28.5cm 22.5cm~32.0cm 22.5cm~25.0cm 22.5cm~24.5cm 22.5cm~25.0cm
カラー展開 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色 1色
価格 17,160円 11,000円 3,980円 16,951円 12,320円 11,200円 15,400円 14,740円 6,152円 17,710円

シューズの名前の後ろに「GS(グレードスクール)」の記載があるものは、基本的にジュニア用サイズのシューズになります。
ですが、サイズ感はジュニアもレディースもほとんど変わりません。

レディースモデルのローカットはかなり数が少ないので、レディースとキッズあわせてバッシュを紹介していきますね!

1. 【ナイキ】Zoom Freak 1 GS(ズーム フリーク 1)

・サイズ展開:22.5cm~25.0cm
・カラー展開:1色
・価格:17,160円(税込)
ヤニス・アデトクンボのシグネチャーモデル第1弾。

素早い切り返しや激しいフットワークを支えるために開発されたシューズで、多方向にトラクションがかかるよう設計されています。

GSモデルは可愛いデザインやカラフルなカラーリングが多く発表されていますので、キッズだけでなく女性にもピッタリですよ!

2. 【ナイキ】Jordan Why Not Zer0.3 SE(ジョーダン ワイ ノット ゼロ 3 SE)

・サイズ展開:22.5cm~25.0cm
・カラー展開:1色
・価格:11,000円(税込)
ジョーダンブランドと契約するラッセル・ウエストブルックのシグネチャーモデル3作目。
「SE」は、Why Not Zer0.3のローカットバージョンのジュニアモデルです。

Why Not Zer0.3にあるアッパーのベルトを無くして、より軽く抜群のスピード感のあるシューズになっています。

ヒール部分の上がった履き口は、かかとをしっかりサポートしながら足首の動きを邪魔しない作りで、快適な履き心地を実現してくれるバッシュです。

3. 【ナイキ】TEAM HUSTLE D9(チームハッスル D9)

・サイズ展開:23.0cm~25.0cm
・カラー展開:1色
・価格:3,980円(税込)
ナイキがジュニア用に作ったバッシュ「チームハッスル D9」。

柔軟性の高いソールと軽量のクッションを搭載していますので、素早いステップや動きを正確に行うことができる作りになっています。

履き心地が良く耐久性も高いので、ミニバスのスピードプレーヤーに最適なシューズです。
通気性の良い素材を使用しているので、長く履いていても快適性が続きますよ。

4. 【ナイキ】Jordan Jumpman 2020 GS(ジョーダン ジャンプマン 2020)

・サイズ展開:22.5cm~25.0cm
・カラー展開:1色
・価格:16,951円(税込)
エアジョーダン34のテイクダウンモデルとして作られた「ジャンプマン2020」のジュニアサイズ版。

バスケの初心者や中級者の使用を考慮し、ジョーダン34の強い反発性は抑え、補強やサポートは逆に強化されています。

かかとが浮きやすいローカットモデルですが、ヒール形状の改良により、脱げにくく安定したサポートを実現しました。

5. 【ナイキ】Kyrie Flytrap III GS(カイリー フライトラップ 3)

・サイズ展開:22.5cm~25.0cm
・カラー展開:1色
・価格:12,320円(税込)
「カイリーフライトラップ 3」は、カイリー・アービングのシグネチャーシリーズのテイクダウンモデル。

ストラップもあり「カイリー ロー3」と似たデザインですが、こちらは低価格版として前作をバージョンアップしたモデルになります。

優れたグリップ性・クッション性は前作から引き継がれており、ストラップによる固定で安定性が高く履き心地がアップしました。

6. 【アシックス】GLIDE NOVA FF(グライド ノヴァ FF)

・サイズ展開:23.0cm~28.5cm
・カラー展開:1色
・価格:11,200円(税込)

アシックスのローカットモデル「グライドノヴァ」。
メンズサイズでも紹介してるこのモデルは、サイズ設定が幅広く、最小で23.0cmから選ぶことが可能です。

様々な世代で高評価を得ている高機能シューズですが、シンプルデザインはどんなウェアとも相性が良いので、練習着のコーディネートも楽しめますよ。

ネットショップでは在庫が少なくなってきているようですので、検討している人は早めに購入しましょう!

7. 【アディダス】Dame 7(デイム 7)

・サイズ展開:22.5cm~32.0cm
・カラー展開:1色
・価格:15,400円(税込)
ダミアン・リラードのシグネチャーモデル最新作となる、シリーズ7作目の「DAME 7」。
軽くて柔軟性の高い「ライトストライク素材」のクッショニングシステムは、高評価を得た前作に引き続き搭載されています。

リラードのような素早いターンとキレのあるステップをサポートする、スピードプレーヤー向けの1足です。

サイズは22.5cmから32.0cmまで対応していますので、世代や性別を問わず選べますよ!

8. 【アディダス】D.O.N. ISSUE #1 GS(ドン イシュー #1 GS)

・サイズ展開:22.5cm~25.0cm
・カラー展開:1色
・価格:14,740円(税込)
アメリカン・コミックスが大好きなドノバン・ミッチェルのシグネチャーモデル第1作目。
こちらのカラーリングは、スパイダーマンの映画に登場するステルススーツをイメージしたものです。

「ISSUE #1」はアメリカの漫画の表紙に書かれている巻数の表記で、日本的に書くならば「第1巻」ということですね。

機能面も優れており、かかと部分のパッドによって、ローカットでありながら脱げにくく安定した履き心地のシューズになっています。

9. 【アディダス】Harden Stepback(ハーデン ステップバック)

・サイズ展開:22.5cm~24.5cm
・カラー展開:1色
・価格:6,152円(税込)
ジェームズ・ハーデンのシグネチャーシリーズから、テイクダウンモデルとなる「ハーデン ステップバック」。

クッショニングシステムは「バウンス」を搭載、アウトソールには「ハーデン Vol.4」から採用されたパターンを使用しています。

気軽に買える低価格版とは思えないクッション性とグリップ力を持っていますので、非常にコストパフォーマンスが高いバッシュですよ!

10. 【アンダーアーマー】Curry 3 Zero III GS(カリー 3ゼロ 3)

・サイズ展開:22.5cm~25.0cm
・カラー展開:1色
・価格:17,710円(税込)
ステフィン・カリーのシグネチャーシリーズから、テイクダウンモデル3作目となる「カリー 3ゼロ 3」。
前作まではハイカットでしたので、ローカットモデルはシリーズ初になります。

アンダーアーマーのMicro-Gクッショニングを搭載し、クッション性能はもちろんグリップ力の評価も高いシューズです。

また、優れたサポート性能により、シューズ内での足のズレやブレが抑えられていますので安定感があります。

ローカットのバッシュが捻挫しやすいというのは嘘!?

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
10年ほど前まで、バスケットシューズといえばハイカットでした。
ハイカットは足首をしっかりと固定できるので捻挫の予防になる、という考えがバッシュの主流となっていた理由のひとつ。

ですが、近年の研究によると、捻挫をする確率はハイカットでもローカットでも変わらないということがわかったのです。

つまり、ローカットは捻挫しやすい、というわけではないんです。

各ブランドがローカットのバッシュを数多くリリースしていることからも分かる通り、これは現代バスケの常識となっています。

ローカットを履いたことがないという方は、これを機にローカットの軽さと動きやすさを体験してみてはいかがでしょうか?

ただし、ハイカットがバッシュとしてダメなのかというとそうではありません。
足首まで固定できて、適度な強度と重さを持ったハイカットの安定性は、プレーヤーに安心感をもたらしてくれます。

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
現に、デリック・ローズや、捻挫癖を持つステフィン・カリーは、シグネチャーモデルでハイカットを履いてたこともあるんですよ。

足首が自由なローカットだと不安だというプレーヤーも結構いますので、そんな方にはミッドカットやハイカットをおすすめします。

カットの違いが怪我に直結するわけではありませんので、ハイカット・ローカットは個人の好みで選んで全く問題ありません!

ローカットのバッシュが全世界に広まったきっかけ

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
マジック・ジョンソンやマイケル・ジョーダンがプレーしていた頃を見てみると、ローカットを履いている選手は全くいません。
バッシュの各ブランドは、当時ハイカットのモデルしか作っていなかったんですね。

そんな時代に、ハイカットのバッシュばかりのNBAに疑問を投げかける選手が現れました。

それは、NBAに数々の伝説を残したレジェンド、「コービー・ブライアント」です。
【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
バスケよりも足への負担が大きいサッカーを見てみると、選手が履いているのは足首の動きやすさを重視したローカットばかり。

ミッドカットやハイカットのシューズは見かけませんよね。
バスケでも機動力を重視した、軽くて動きやすいローカットのバッシュがあっても良いのではないか、とコービーは考えたのです。

こうして生まれたのが4作目のシグネチャーシューズ、ローカットの「コービー4」です。

【完全保存版】ローカットのバスケットシューズおすすめ20選!メリットや適しているポジションも解説!
2009年、周りの選手がハイカットを着用する中、コービーはローカットのシューズでシーズンを戦いました。

怪我を心配する声やローカットに対する批判をよそに、コービー自身はそのシーズンを怪我無く終え、さらにチームはNBA優勝を果たしたのです。

ハイカットばかりのコートに、ローカットのバッシュは特に新鮮に映りました。

NBAの頂点に立ったコービーとそのバッシュは全世界の注目を集め、この年を境にバッシュの主流はハイカットからローカットへと移行していきます。

コービー・ブライアントの成功と共に、全世界にローカットバッシュの波が広がっていったんですね。

まとめ

ローカットのバッシュを紹介してきました。
履いてみたいと思うような、気になるシューズはありましたか?

今まで怪我の予防のためにカットの高いバッシュを選んできた、という人も多いと思います。
確かにミッドカットやハイカットは、足首の固定によってシューズとの一体感があり、安定した履き心地で安心感がありますよね。

ですが、近年の研究の結果からも、ローカットだから怪我をしやすいというわけではありません。
カットの高さはシューズのデザインのひとつと考えても良いくらいです。

ローカットを履いたことが無いという方は、ぜひこの機会にローカットを試してみてはいかがでしょうか?
軽くて動きやすいローカットは、あなたのプレーそのものを変えるかもしれませんよ!

【完全版】バスケットシューズのアディダス全8コレクション総まとめ!

2020.04.30

【保存版】バスケットシューズの人気おすすめアイテム10選 | シューズケースやインソールなど

2019.07.30

バスケットシューズのアンダーアーマーおすすめモデル10選!レディースとジュニアについても調査しました!

2019.10.31

【完全版】カワイ・レナードの歴代バッシュ全36種!各バッシュの特徴・購入可否をまとめました

2020.10.01

【最新版】バッシュのジョーダン歴代モデルを徹底解剖!おすすめランキングTOP20

2019.09.19

【完全版】バッシュ用おすすめ滑り止めスプレー5選!今すぐできる対策も解説!

2020.03.24

【完全版】バスケで綺麗なシュートフォームを身につける7つのポイント

2019.06.03

【完全版】家庭用バスケットゴールおすすめランキングベスト10

2019.03.17


【参考】【完全版】バッシュの青色おすすめ30選!メンズ・レディース&ジュニアでそれぞれまとめました!
【参考】【完全版】ストリートバスケットのボールおすすめ30選!メンズ・レディース・ジュニアでそれぞれまとめました!
【参考】【完全版】バッシュの赤色おすすめ33選!メンズ・レディース&ジュニアでそれぞれまとめました!
【参考】【完全版】カワイ・レナードの歴代バッシュ全36種!各バッシュの特徴・購入可否をまとめました
【参考】【完全版】大阪のバスケットコートまとめ!屋内・屋外の全25施設の予約方法など総力調査しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください