考えるバスケット指導法を完全レクチャー!

tutaekata

こんにちは!中川です。

バスケットって
何を教えるかも大切。

けど、
どう教えるか。
~~~~~~~

これが超大切だと思っています。

言葉って繊細なのです。

例えば、
子を持つお父さんが
わが子に向かって

ただ
「がんばれ」と言うのと

「世界中の全員を敵にまわしても、
お父さんは●●の味方だぞ!!」

と言うのとでは、
全然感じ方がちがいますよね。^^;

実際に言う言わないは
置いといて、

後者がよりパワフルで
息子さんに刺さるんじゃないかと
思います。

こんな感じで、
言葉の選択、発し方一つで
子供たちの解釈、ひいては未来が変わります。

言葉ってやはり繊細なのです。

僕がバスケットを教える
プロコーチを志すようになって
日々学び、実践し、磨き続けてきた
スキルがあります。

「どうすれば、
選手や子供たちが、
つねにモチベーション高く
前向きにバスケットに
打ち込むことができるだろうか?」

そのために
いちばん心血を注いで
学び実践してきたスキルが、実は

「伝え方」のスキルなんです。
~~~~~~~~~~~~

「伝え方?
なんか抽象的、、ふわふわしてる。。」

と思ったあなた。

ヘンに聞こえるかもしれませんが、
僕は指導の成否を分けるぐらい
かなり大事なスキルだと思っています。

いまも週に3冊は
関連書籍を読みあさっていますし、
勉強会に参加したり、
日々の実践(トライ&エラー)を
通じてスキルを磨き続けています。

おそらく
バスケット以上に勉強しています^^;

なぜ、そうするかと言うと・・

バスケット指導で
おもいきり効果が確認できているからです!

日本全国の
クリニック受講者さまから

「中川さんのクリニックは楽しい!」
「分かりやすい!」
「モチベーションが上がる!」
「選手が変化し、上手くなる!」

有り難いことに
こうしたフィードバックを
たくさん頂くのですが、

実はそうなるための
工夫をかなり緻密にやっています。

日々学び、実践し、磨き続けた
「伝え方」のスキルについては
ちょっとした自負もあります。

・・

去る9/30。

東京都内にて、
その「伝え方」ノウハウを
セミナー形式でお伝えさせて頂きました!
(今回は会員さま限定開催)

静岡や福島、名古屋など
県外からもお集まりいただき、

一日がかりでみっちり
中川式「伝え方」テクノロジーを
お伝えさせて頂きました。

seminor

具体的なスキルを
全部で20個!!
頭と身体で習得&実践して頂きました。

セミナーに参加して良かった!

目から鱗でした!

こんなに考えるんですね!

本当にこのスキルはスゴイ!

皆さま、ワークを通じて
スキルアップを実感頂けているようでした^^

…そして、つい先ほども
ご参加頂いた東京都のFさんから
嬉しいフィードバックを頂きました。

Fさんは高校の
女子チームを指導されています。

=======

会長!9月30日の「伝え方セミナー」では大変お世話になりました。
翌日は1日練習試合でしたが、言葉の準備不足はあったものの、うまくモチベーションを上げることができ、日頃勝てないチームにも勝ったりと成果がすぐ現れました。生徒のくいつきもよく、いつもあまり顔を見て返事しない生徒がずーっと私の顔を見てうなずいてました。鳥肌が立ちました。
参加して良かったです。懇親会も勇気を持って参加させていただきましたが、とても楽しかったです。
また機会があったら参加させていただきます。

=========

Fさん、
嬉しいお言葉、
ありがとうございます!^^

・・・と、このように
すぐに活かせるスキルなんです。

何度も言いますが、

言葉の選択、発し方一つで
~~~~~~~~~~~~~~
子供たちの解釈、ひいては未来が変わります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このセミナー、
ずっとやりたかったので、
ようやくカタチにすることができ、
達成感と喜びもひとしおでした。

コーチが磨くべきは
場や選手の感情をマネージメントする力です。

そのために必要な
「伝え方」スキルについて
これからも発信していきます。

第1回目が大好評だったため、
また機会をつくって2回、3回と
開催していきたいと思います。^^

「生徒が言うことを聞いてくれない・・」
「指導を上手く言葉にできない・・」
「子供の集中力が続かない・・」
「実績のない私が教えていいのか・・」

こういった
指導の悩みを解決する方法を
お伝えさせて頂きます。

またの機会を楽しみにしていてください。

ご参加頂いた皆さま、
どうもありがとうございました!

今回予定があわなかった方は
また調整させて頂きますので、
そのときはよろしくお願い致します!

メルマガ背景
メルマガ背景


The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です