いま、全国の大舞台に臨むとしたら・・・

senshu

こんにちは!
考えるバスケットの会 中川です。

年末年始は
ウィンターカップや天皇杯を観戦してきました。

この時期の楽しみの一つです^^
母校豊浦高校の試合や
社会人時代に所属していた
九州電力の応援がメインです。

場所は
東京都体育館と代々木第二。

どちらも思いきり
全国だぁ~!!
と思わせくれる場所であり、

見ているこっちが
緊張してくるような、
そんな雰囲気の中での
熱いゲームでした!

楽しいゲームでした。
ありがとうございました。

 

大舞台は
大事な舞台。

そう言えばむかし、
全国の大一番のプレッシャーで
よく緊張しました(**)

・・

じぶんが大学1年生のときのお話し。

バスケットのメッカ代々木第二で
先輩の試合に出たときは、
足が震えて、頭はまっ白 。

口は乾くし、視界は狭いし、
先輩はコワイし(笑)、
生きた心地がしませんでした・・・。

いつもより重力3倍に感じて、
足が全く地につかない。。

先輩の試合をぶち壊してしまい、
寮に帰るのがコワかったこともあります。

アガりもするし
余計な力が入るし、
普段しないようなミスも起こったりします。

今振り返って、そういう舞台は
もっと戦略的に臨むべきだったなぁと思います。

自分自身のコントロールについてです。

いま、自分が同じ状況に
臨むとしたら

まずは
出番やチャンスは貴重なので

思い切りプレーする!
自分のプレーを出し切る!

ここを徹底すると思います。

出し切らないと
次につながる経験が出来ません。

プレーの改善改良(PDCA)を
回していくためにも
貴重なチャンスを意義あるものにしたいです!

 

プレッシャーのかかる舞台で
プレーに集中&ゲームに入り込むには
以下記事を参考にされて下さい。

『控えメンバーとしてコートに立つときに意識したい5つのこと』
http://考えるバスケットの会.com/refrain-members/

 

ゲームで自分のペースをつかむには
まずディフェンス、ルーズ、
リバウンドですね!

あと声を出す。

地味で大事なことを
一生懸命やっていると
余計なことは考えなくなります。

大舞台であればあるほど、
邪心をなくし
最高のプレーをしたいです。

貴重な場だからですね。

大舞台で自分がブレて
力を出せないあなたは是非意識されて下さい。
http://考えるバスケットの会.com/refrain-members/

 

あとは
やっぱり普段の練習、が大事です。

普段からどれだけ
大きな舞台や
そこで起こる非日常を想定して
練習に臨めているか、だと思います。

普段の取り組みと
本番に差がないようにしたいです。
ゲームライク、
プレーハードがやはり基本。

この習慣と
メンタルリハーサルを行っておけば
本番で面食らうこともなくなりますね。

デカい舞台ほど戦略的に!
~~~~~~~~~~~~~

自分がもう一度全国に臨むとしたら、、
という体で今日は書いてみました。

参考になれば幸いですmm

追伸:

あと半年で35歳。
人生あっという間ですね(笑)

ですが、ほぼ毎日ボールを触る仕事をしてるのでまだまだ体は動きます。

ピックアップゲームをして
「今日のパス」を映像に収めたいですね。

追追伸:

あとは楽しむことですね^^
これもチョー大事です。

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 件のコメント

  • PDCAは本当に大切。
    でも、このPDCAを知らない人が多いのも
    事実。若いうちからPDCAをしっかり身につけることによってこれからのバスケ人生だけではなく色々な事をしっかり順を追って考えられるようなると思います。
    自分は金銭の事情で「考えるバスケットの会」に参加出来ませんでしたがバスケをとうして人を育てる中川さんの考えに共感していますしファンです。これからも考える力をつけるようなコーチングを楽しみにしています。
    追伸
    公開メルマガを楽しみにしてる人も沢山いると思います(自分もその一人)ので発信よろしくお願いします。

    • メッセージありがとうございます!
      バスケットを通じて、汎用的な考え方を伝えていけたらと思っています。

      これからもメルマガ書いていきますね。^^
      楽しみにしていて下さい!

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です