バスケットボールの用語集【は行】で始まる用語一覧

バスケットボールの用語集【は行】で始まる用語一覧
他行のバスケットボール用語はこちら
     は    

このページでお伝えすること

バスケットボールの用語集【は行】で始まる用語一覧

【は】で始まるバスケットボールの用語一覧

パーソナルファウル(Personal Foul)

コート上のプレーヤー同士の接触プレイにより、相手プレーヤーの動きを妨げる反則行為のこと。

ハーフコート・オフェンス(Half Court Offence)

全てのプレーヤーがハーフコートにいる状態で攻撃すること。

バイオレーション(Violation)

ファウル以外でルール違反とされている行為のこと。

バウンズパス(Bounds Pass)

ボールをコートに一度跳ね返らせ(バウンド)受け手に到達させるパスのこと。

パス(Pass)

味方選手にボールを投げて渡すこと。

パスアンドラン(Pass and Run)

オフェンスの基本の攻め方。
ボール保持のオフェンス選手がパスを出しながら走り出し、ディフェンスを振り切ってまたパスをもらうプレーのこと。

バスケット・カウント(Basket Count)

オフェンスがシュートモーション中にファウルをされたにも関わらず、シュートが決まること。
このシュートは得点としてカウントするうえに、フリースローが1本与えられる。

8秒ルール(8 Seconds Rule)

ボールを取った瞬間から8秒以内にフロントコート(相手チームのゴールがあるコートのこと)へボールを運ばなければならないというルールのこと。

ハック(Haq)

フリースローの下手な選手に対してわざとパーソナルファウルを犯してフリースローを与え、失点を2点以下に抑えようとする作戦のこと。

バックコート (Back Court)

コートのセンターラインを境に、自分が守るバスケットのある側の反面のこと。

バックコート・バイオレーション(Back Court Violation)

バックコート・バイオレーションとは、パスもしくはドリブルでフロントコート(相手チームのゴールがあるコートのこと)にボールを運んだ後、そのボールをバックコートに戻してはならないルールのことです。
バックパスと呼ばれることもあります。

バックシュート(Back Shoot)

ゴールの下(裏)を通って、ゴールの走り込んだ反対側から後ろ向き(ゴールが体の後ろにある状態)に放つシュートのこと。

バックドア(Back Door)

カットインのひとつ。
ディフェンスの裏を抜けてゴール方向へ走り込み、パスを受ける動きのこと。

バックボード(Back Board)

バスケットリングが取り付けられているボードのこと。

パッシング(Passing)

選手の動きをパターン化、システム化せず、ボールの動きに応じてパスだけで行うフリーランスオフェンスのこと。

バンク(Bank)

バックボードのこと。

バンクショット(Bank Shot)

バックボードに当てて狙うシュートのこと。

ハンズアップ(Hands Up)

両手をがえること。
ディフェンスの時に、オフェンスのパスやシュートを防ぐための構え。

ハンマーセット(Hammer Set)

ストロングサイドにディフェンダーをひきつけてから、ウィークサイドにいるシューターにパスを送って、3ポインターを決めるオフェンスの戦術のひとつ。

パワードリブル(Power Dribble)

ゴール付近ペイントエリアないで、ディフェンスにボールを取られない様に足の下で強く両手でドリブルをつき、ポジションを守りながら行う強いドリブルのこと。

【ひ】で始まるバスケットボールの用語一覧

ピック(Pick)

スクリーンのこと。

ピックアップ(Pick Up)

自分がマークするオフェンスのプレーヤーを捉えること。

ビハインドチェンジ(Behind Change)

ドリブル時にボールを体の後ろを通過させるドリブルチェンジのこと。

ビハインドパス(Behind Pass)

ボールを背中を通して出すパスのこと。

ピボット(Pivot)

ボール保持中でありドリブルしていない時、片足を軸足にして動かさない様にしてもう片方の足を自由に動かすこと。

ピボットフット(Pivot Foot)

ピボットの時に床に固定する軸足のこと。

ピリオド(Period)

ゲームの区切りのこと。

【保存版】バスケ初心者必見!知るべき5つの超基本ルールと3つの魅力!

【ふ】で始まるバスケットボールの用語一覧

ファイトオーバー(Fight Over)

スクリーンされたときに一歩ないし半歩ドリブラーに近寄りながらスクリーンをかわしてマークする相手を変えずについて行く積極的な守備のこと。

ファイブアウト(Five Out)

5人全てのプレーヤーがアウトサイドのプレーヤーとして攻撃をしかける戦術のこと。

ファイブファイブ(Five by Five)

1人の選手が、得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショットの5つの項目全てにおいて、5以上を記録すること、もしくは5回を1つの試合で達成すること。

ファウル(Foul)

ファウルとは決められたルールに反則することを言います。
ファウルには大きく分けて「パーソナルファウル」「テクニカルファウル」の2種類あり、その内容も異なる。

バスケのルール最新情報!ファウルってどれだけあるの?全種類を徹底解説!

ファウルアウト(Foul out)

パーソナルファウルを5個記録した際の罰則で、退場となること。

ファウルゲーム(Foul Game)

試合終盤に負けているチームがファウルを犯し試合の進行を遅らせるために、わざと時間を止めること。

ファウルトラブル(Foul Trouble)

特定、または複数のプレーヤーが、ファウルが続き5回目のファウルで退場しそうになること。

ファストブレイク (Fast Break)

攻撃権を得て相手の守備体制が整わないうちに速攻する戦術。

ファンブル(Fumble)

ボールが手につかずにうまく扱えないこと。
自分へのパスを受けられなかった、ドリブルが手につかずにコントロールできなかった、といったミスのこと。

フィールドゴール(Field Goal)

フリースロー以外の得点。
ボールがライブの時に放たれるショットの事。

V カット(V Cut)

最も基本的なボールのもらい方の動き。
Vの字を描くように引き返してボールをもらう。
ウィングポジションでゴールに向かって走りだし、急にターンしてカットする。

フェイク(Fake)

相手プレーヤーをだますプレイのこと。

フェイクパス (Fake Pass)

パスを出すふりをして、パスを遅らせたり、相手の動きの裏をかいて出すパスのこと。

【動画付き】ディフェンスしずらいパス&フェイク!

フェイドアウェイショット(Fadeaway Shot)

ディフェンスにブロックされないために、やや後ろにジャンプして打つシュートのこと。

フェイスガード(Face Guard)

ディフェンスが、ボールを持っていないオフェンスに対して密着し、ボールを見ることなくマークすること。

フォロースルー(Follow Through)

ボールの軌道が安定させる為に、シュートを放ったあともシュートを打つ方向へ向かって腕を伸ばす動作。

フックシュート(Hook Shot)

ディフェンスにブロックされない様に、ゴールに対して体は横向きでゴールより遠い方の手で弧を描く様にして放つシュート。

フックパス(Hook Pass)

半身の構え、腕を伸ばした状態で、片手で手首を使って出すパス。

プッシング(Pushing)

「押す」という反則に対してとられるパーソナルファウルです。
手を使って相手を押したり、手以外にも体を使って押したりするとプッシングをとられます。

バスケのルール最新情報!ファウルってどれだけあるの?全種類を徹底解説!

フットワーク(Footwork)

足の動かし方。

プラスマイナススタッツ(Plus Minus Stats)

プレーヤーが試合にでている間のチームとしての得失点差を表した数値のこと。

フリースロー(Free Throw)

ファウルやばいおいレーションに対する罰則として相手に与えられるシュートチャンスのこと。

フリーランス(Freelance)

一定のきまりのもと、ナンバープレーのような決まった動きをするのではなく、選手が自由にうごくこと。

プルアップ・ジャンパー(Pull-Up Jumper)

低い姿勢でのドリブルを急停止して、一気に真上にジャンプしてシュートすること。

プレス(Press)

ボールを保持しているオフェンスのプレーヤーの進行方向を塞いで、常にプレッシャーをかけるディフェンスのこと。

ブロッキング(Blocking)

体を使って、相手プレーヤーの進行を邪魔する行為のことを言います。
しかし、相手プレーヤーが自身の守っている位置に走りこんできて衝突した場合は、相手プレーヤーのチャージングになります。

ブロックショット(Block Shot)

ディフェンスの選手がシュートされたボールを弾き飛ばし、得点を防ぐこと。

フロントコート(Front Court)

センターラインからみて、自分のチームが攻撃する側のコート反面のこと。

フロントチェンジドリブル(Front Change Dribble)

ドリブルのテクニックのひとつ。
体の前でボールを左右に移動させ、相手を揺さぶる。

フロントライン(Front Line)

ゴールに近いところにいる選手の総称。
パワーフォワード、センター。

【へ】で始まるバスケットボールの用語一覧

ベースライン(Baseline)

コートの短い側(ゴールに近い方)の区画線。
エンドラインともいう。

ペネトレイト(Penetrate)

素早い直線的なドリブルで相手を抜き去りゴールに向かっていく行為。
突破すること。

ペリメーター(Perimeter)

制限区域の外から3ポイントラインの内側までのこと。

ヘルドボール(Held Ball)

どっちのプレーヤーがボールを保持しているのかわからなくなる状態のこと。

ヘルプ(Help)

味方のディフェンスが破られた時に、自分のマークマンを離れてディフェンスを代わること。

【ほ】で始まるバスケットボールの用語一覧

ボースハンドシュート(Both Hand Shot)

両手でうつシュートのこと

ボールミート(Ball Meet)

ボールが来ている方にボールの方向に向かって動くこと。

ポジション(Position)

選手を役割ごとに分けたもの。

ポイントガード(PG/1番)
シューティングガード(SG/2番)
スモールフォワード(SF/3番)
パワーフォワード(PF/4番)
センター(C/5番)

【完全保存版】バスケのポジション5つの役割を徹底解説!

ポスト(Post)

相手コートのペイントエリア(制限区域)付近のこと。
ローポスト:ペイントエリア外周のゴール下付近。
ミドルポスト:ハイとローの中間程度の位置。
ハイポスト:フリースローレーン付近。

ポストアップ(Post Up)

オフェンスプレーヤーがポストエリアで、ディフェンダーを背中にして有利なポジションをとること。

ポストプレー(Post Play)

オフェンスの戦術。
前線(ペイントエリア)で攻撃のチャンスをつくること。

ポゼションアロー(Possession Arrow)

次にスローインが与えられるチームを示す矢印。
器具。

ボックス・ワン(Box One)

ディフェンスシステムのひとつ。
1人の選手はマンツーマンでシューターなどの得点力のある選手をマークし、その他の選手で2−2の四角形をつくるゾーンディフェンス。

ホールディング(Holding)

相手の腕をつかむ行為や相手を抱きかかえる状態になってしまい、相手プレーヤーの動きを妨げた場合に課せられるファ―ルのことをいいます。

バスケのルール最新情報!ファウルってどれだけあるの?全種類を徹底解説!

ボールマン(Ball Man)

ボールを保持しているプレーヤーのこと。

ポンプフェイク(Pump Fake)

シュートマンが、ボールをポンプのように突き上げる動きをするフェイクのこと。
ディフェンダーのブロックショットのタイミングを狂わせる。

考えるスキルブック第9弾:超実戦1on1編



【おすすめ】【2019年】バスケットシューズおすすめ人気ランキングベスト10!
【参考】『バスケの練習メニュー!上手くなるための6つのコツ』
【参考】バスケットのオフェンスの動き方が上手くいかない。そんなときの5つの質問
【参考】【完全保存版】バスケのドリブル技と種類一覧!上達の極意と練習方法をお教えします!
【参考】【これはセーフ??】絶対に守れない究極の1on1ムーブをご紹介させて頂きます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

※ 期間限定!
【バスケが上達する!超実戦スキルブック第6弾】を無料プレゼント中!

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください