バスケットが強くなる!フォーカスすべきは●●の質と量。

komyu

こんにちは!
札幌から中川です。

フライング気味に
自分に合わせに来る
チームメイトにご注目。

明らかに
中川がパスを狙う前から
動き始めています。

直さんのパス、
 チームメイトの人はなんで
 あんなに早く反応出来るんですか?

と不思議がられますが

その理由は
つねにコミュニケーションしてきたからです。

以下ブログにも書いていますが、
『【動画付き】●●君がパスキャッチが上手い理由。

「自分が目を合わせたらパス来るよ!」

「目を外したときもパス来るよ!」

「DFFが見てないときもパス来るよ!」

「空間に落とすから合わせてね!」

こんな感じで
コミュニケーションを
膨大に積み上げてきたので

チームメイトは自分の意図を
完全に理解してくれているんです。

それで、、、

今日は
そうしたコミュニケーションを
いつ行うのがベストなのかを
あなたにお伝えしたいと思います。
自分が思うベストなタイミングは

プレーの直後です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

やはり
何かことが起こった直後が
一番意図が伝わりやすいです!

練習おわった後の
全体ミーティングとか

事後の
バスケ日記の中でとか・・
じゃなく

起こった
その場・その瞬間で
伝えるのが一番ホットで
記憶にも定着しやすいです。

自分は毎回
プレーが止まるたびに

もっと
こうして
ああして
を伝えてきました。

バスケットは
コミュニケーションの質と量。

これでほぼ決まると思っていて、

チームメイトと
瞬時にどれだけ
同じことをコートで描けるか。

がイコール
オフェンスの打ち手の数だったし
自分がプレーする上での生命線だったので

ほんとにたくさん
コミュニケーションを行ってきました。

それを積み上げたことで
日本一になれたと思っています。^^;

(バスケがチームスポーツで
ほんとに良かった・・)

コミュニケーションを
行うベストなタイミングは
何かが起こった直後。です。

是非、意識されてみて下さい!

★昨夜(10/28)!遂にスキルブック最新作リリースしました!

『考えるスキルブック第10弾:超実戦パス編』!
リリースしました!

考えるスキルブック第10弾:超実戦パス編

全国区のプレーヤーを
一瞬で出し抜くパステクノロジー!

多くのご支持頂く皆さまからの
リクエストにお応えさせて頂きます。

かなりマニアックなパスノウハウを
細かく解説させて頂きます!

自分のパステクノロジーの全てを詰め込みました!
全部で50個以上のパスを
過去のプレー映像交えてご紹介しています!

日本でオンリーワンの教材になっていると思います。

既にご覧頂いたご購入者さまから
早速Facebookで
メッセージ頂きました。^^

最高です!

と。

ビックいいねも添えて頂きました!

ありがとうございますm(__)m

この動画レッスンをご覧頂くことで
あなたのパススキルが確実にレベルアップします!

以下に部分動画もあります。(54秒)


※現在、先行予約受付中!
11/7(月)までは特別価格でご提供させて頂きます!
http://doll-ex.jp/L3452/b0/1t41

ご注文・お問い合わせは以下から承っております。
★考えるバスケットの会お問い合わせフォーム↓↓
http://doll-ex.jp/L3452/b0/1t41

よろしくお願い致します。

それでは札幌で
バスケットしてきます!^^

今日もお読み頂き、ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です