【其の十四】おれのバスケ人生マジで終わった・・・??

Street basketball player performing an huge rear slam dunk. New york Manhattan buildings background

こんにちは!
考えるバスケットの会 中川です。

お待たせしました!

大好評の社会人バスケシリーズ
おれのバスケ人生
 マジで終わった・・・

【1話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2171
【2話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2201
【3話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2221
【4話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2241
【5話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2261
【6話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2291
【7話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2311
【8話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2331
【9話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2351
【10話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2381
【11話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2401
【12話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2421
【13話】
http://doll-ex.jp/L3452/c0/1t2451

今日は第14話目!

2月の全国大会、
ついに決勝です!

気になる対戦相手ですが、、

逆パートで
波乱があったらしく・・

勝ち上がってきたのは
北海道の旭川キシイ
というチームでした。

「え、横河じゃないの??」

当時実業団界を
無双していた横河電機を
破っての決勝進出。

これには
衝撃を受けましたね。
(マジあのとき横河は最強でしたから)

ただ、、
このチームが上がってきたのには
理由がありました。

その理由は
あとで知ることとなるのです・・・。

・・

いよいよゲーム開始!!
日本一をかけた大チャンス再び!

「同じミスはしたくない・・」

9月の全国決勝では
0対17という最悪の
立ち上がりをしてしまったので、

同じ轍を踏まないよう、
気負わず、ゆるまず、
慎重に、思いきって!

これを意識し、
トスアップとその後のプレーに
かなり集中していました。

この決勝戦は
9月の苦い経験が活きましたね。

今回は地に足をつけ、
流れるように自分たちの
バスケットを展開!

ななんと!!!

信じられないことに
54対30という
最高のカタチで前半を
終えることが出来たのです!

・・・。

日本一を決める決勝戦で、ですよ。

これはもう、、

「中川さん、ようやく日本一ですね!」

ええ!
僕も決まったと思いました。
この点差はさすがに、ですね。 ^^;

ただ、
この旭川キシイというチーム。

の本当のチカラを
ここから知ることとなるのです。

やはり決勝まで勝ち上がる
チームにはわけがあります。

24点差は
全くセーフティリードでは
なかったのです・・・(**)

まるで、、

「ゾンビのよう・・・」

でした。

・・

いよいよ後半戦!

大量リードを守るという、
これまでにないパターンとなりました。

ぶっちゃけ前半で
24点も開いてしまったので
ホッとした感はありました。

ただ、
その空気が
ありえないぐらいに変化したのが
この後半です。

なんと途中で、
またもや主力の一角、長澤主将が
負傷退場となったのです!><
(今回は右手親指の骨折でした・・)

これで歯車が
完全に狂い始めます。

僕らは
予選から決勝まで、
ほとんどフル出場で
プレーしてきました。

なのでこのとき
疲労もかなり溜まっていたんですね。><

「やばい、ちょっとシンドイぞ・・」

これを実は
3クォーターから感じていて、

(ゆっくり試合を回していこう)

というスタイルで
バスケットを進めていました。
(ボクシングで言うクリンチ的な??)

ところが旭川キシイ、、
こちらの想いに
乗っかって来るわけもなく・・

”疲れ知らず”

このコトバが
ドストライクな運動量で
ガンガンに追い上げてくるのです!

相手のシュートが当たり始め、

落ちてもリバウンドに
次々に飛び込んできて、

セカンドシュートも
ねじ込んできました。

24点あった点差が
みるみる詰まってきました。

この異常な追い上げに
会場もザワつき始め、

旭川キシイが
ゴールを決める度に、
会場がどよめきました。

スコアが縮まったことも
そうですが、

コートを走り回る
旭川キシイの異常なスタミナに
会場がどよめいていたと思います。

「この試合、どうなるの・・??」

迎えた残り時間1分40秒。

とんでもないことになっていました・・。

・・

さて、、
運命の決勝戦!

結果はどうなったのか?

日本一にはなれたのか??

これはもう!
当時の映像を見て頂きましょう!

全国決勝のハイライトです。
映像とともに
ご覧になって下さい。
=========
▼ハイライト動画
旭川キシイ vs九電アーティサンズ
(6分41秒)
https://youtu.be/P1Ucm-p6m0I
==============

次回、ついに最終話!

(★最終話はこちらから↓↓)
http://考えるバスケットの会/episode15

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 件のコメント

  • こういうチームに追い上げられると
    しんどいですよね!
    中川さんの手腕に注目して次回、必読します(*^^*)

  • 素晴らしい試合ですね!
    試合で結果を出すためには、練習は並々ならぬ努力が必要だったと思います。
    夢を現実のものに出来て、本当におめでとうございます!

    お母様もさぞ、喜んでらっしゃることでしょう(^-^)

  • 視聴者からのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です