バスケのポジション!性格による向き不向きを背番号ごとに解説

2-バスケのポジション!性格による向き不向きを背番号ごとに解説

バスケットボールに限らずチームスポーツには必ず、試合に出場する選手一人一人に背番号がついています。

野球では背番号1番がエースナンバーですし、サッカーでは、10番が司令塔であったりとスポーツによって背番号に意味合いが変わってきます。

もちろんバスケットボールにも、背番号ごとにポジションや性格の向き不向きがあることをご存知でしょうか?
今回はバスケットボールの背番号における性格の向き不向きについて解説していきます。

背番号で分かるポジションと向いてる性格は?番号別に解説!

バスケットボールの背番号は、審判のサインの関係で4番からではないと付けられません。
4番、5番などそれぞれの背番号に多いポジションや番号に似合う性格について紹介します。

背番号 ポジション 向く性格
4番・5番 ポイントガード(PG) リーダーシップを取れる人
6番 シューティングガード(SG) 向上心強い人
7番 スモールフォワード(SF) 負けず嫌い
8番 パワーフォワード(PF) 冷静に判断できる力
9番以降 サブメンバーや自分で選んだ背番号

背番号4番、5番「ポイントガード(PG)」

バスケットボールにおいて、背番号4番か5番を付けている選手はポイントガードのポジションの選手が多いです。

また、チーム内のキャプテンまたは副キャプテンであることが多い傾向にあります。
4番、5番の性格に似合う特徴について詳しくみていきましょう。

4番、5番にはどんな性格が合う?

何事にも冷静沈着であり、どんな状況でもチームを引っ張っていけるようなリーダーシップな人
4番、5番の背番号に似合う性格は、何事にも冷静沈着であり、どんな状況でもチームを引っ張っていけるようなリーダーシップな人柄の選手が適正です。

また、ポイントガードのポジションを任されることが多いので、技術的に言えば、チーム内で一番ドリブルがうまく、パスや味方への指示を的確に出せるチームの司令塔的な役割が必要になってきます。

背番号6番「シューティングガード(SG)」

背番号6番を付けている選手に多いポジションが、シューティングガードです。

シューティングガードとは、主にシュートを打つ技術の高い選手が任されるポジションであり、リングから離れた位置でプレーすることが多い傾向があります。

6番にはどんな性格が合う?

絶対的な自信やもっとシュートがうまくなりたいなど向上心の強い性格の人

シューティングガードを任される選手には、バスケットボールを自分がプレイすることにおける絶対的な自信やもっとシュートがうまくなりたいなど向上心の強い性格の選手が適正です。

会長中川
誰よりもシュートを打つことが好きな選手にピッタリ

背番号7番「スモールフォワード(SF)」

背番号7番に多いポジションは、スモールフォワードです。
スモールフォワードとは、主に点取屋の選手が任されるポジションであり、バスケットボールにおける得点能力の高い選手が多い傾向にあります。

会長中川
いわゆるチームのエース的な存在ですね。



7番はどんな性格が合う?

強気でプレーできる勝負所の強さと誰よりも負けず嫌いな性格
スモールフォワードに合う性格は、どんな場面でも強気でプレーできる勝負所の強さと誰よりも負けず嫌いな性格の選手にピッタリなポジションになります。

チームのエース的な存在として試合に出る以上、チームの勝敗を大きく左右するポジションです。

↓「考えるスキルブック 第6弾 スクリーンプレー編」を無料で受け取るにはこちら

背番号8番「パワーフォワード(PF)」

背番号8番に多いポジジョンは、パワーフォワードの選手です。

パワーフォワードとは、スリーポイントラインよりも内側(ゴール付近)でプレーすることが多いポジションであり、ゴール付近のシュートやゴール付近のディフェンスを任される傾向があります。

8番はどんな性格が合う?

冷静に判断できる落ち着きや誰よりもバスケットボールに熱くて負けず嫌いな性格の人
パワーフォワードのポジションに合う性格として、どんな時にも冷静に判断できる落ち着きや誰よりもバスケットボールに熱くて負けず嫌いな性格の持ち主にピッタリなポジションです。

チームの勝敗を左右すると言われるリバウンド能力が必要になってきます。

背番号9番以降

バスケットボールにおいて、背番号9番以降の選手は、サブメンバーとして試合に出場する傾向があります。

サブメンバーと聞くと、他のスポーツにおいては、補欠選手と思われてしまいますが、バスケットボールでは、スタメン選手が試合にフル出場する訳ではありません。

選手によっては大事な場面だけを任されてプレーするシックスマンというポジションも存在します。

会長中川
背番号が9番以降だからといって、サブメンバーという見方はやめましょう。

最近では好きな番号を選ぶことも多い

最近では、背番号の数字に関係なく、自分の好きな番号やNBA選手の背番号と一緒な背番号にするバスケットマンが多くなってきました。

高校生インターハイ常連校である北陸学院高校は、選手の背番号を選手自身が好きな数字を選んでいることで有名ですよね。

NBA選手の背番号で例えると、マイケル・ジョーダンやレブロン・ジェームズが着用している背番号23番をつける選手がたくさんいます。

会長中川
背番号だけでバスケットボールのポジションや意味合いを判断することはできなくなっていますね。
背番号 ポジション 向く性格
4番・5番 ポイントガード(PG) リーダーシップを取れる人
6番 シューティングガード(SG) 向上心強い人
7番 スモールフォワード(SF) 負けず嫌い
8番 パワーフォワード(PF) 冷静に判断できる力
9番以降 サブメンバーや自分で選んだ背番号

まとめ

今回はバスケットボールにおける背番号の向き、不向きについて解説してきました。

一般的にバスケットボールでは、背番号ごとに意味合いや向き不向きがあります。
しかし、最近では自分の好きなNBA選手の背番号を着用するバスケットボール選手が増えてきました。

今では、背番号における意味合いは数字だけでは判断できなくなってきましたね。

自分の好きな選手の背番号を着用するからこそ、目標の選手に一歩でも近づくために努力を積まれると思います。
背番号ごとの性格やポジションを理解した上で、目標の背番号に向けて努力を積んでいきましょう。

【完全保存版】バスケのポジション5つの役割を徹底解説!

考えるスキルブック第9弾:超実戦1on1編



【おすすめ】【完全保存版】バスケのポジション5つの役割を徹底解説!
【参考】【2019年】バスケットシューズおすすめ人気ランキングベスト10
【参考】【2019年】バスケットボールパンツおすすめランキングベスト10
【参考】初心者必見!バスケが上手くなるには何が必要?7つの基本を徹底解説
【参考】【保存版】バスケ初心者必見!知るべき5つの超基本ルールと3つの魅力!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください