バスケット!良いシュートで終わるコツ。5種類のセンス

goodshoot

ども。中川です!!

バスケットというスポーツは、ルールや時間があり、基本シュート本数に限りがありますよね!

ターンオーバーとかリバウンドの数で若干変動しますが、シュートが無限に打てるわけではありません。

なので、一本一本をきちっと決めに行けるよう、大事にシュートを狙っていきたいです。入る・入らないだけじゃなく、ゲームトータルで見たときに意味のあるアテンプトで終わりたい!

自分はこう考えながらいつもゲームメイクをしてきました。今日は中川が考える理想のシュート終わりの考え方とコツについて書いてみたいと思います。

① 確率の高いシュートの種類

バスケットは確率のスポーツ!

これはよく言われますよね。
確率の高いシュートとは何か?平たく言うと簡単なシュートです。^^

具体的には、、リングに近いシュート(飛距離が短い)、アウトナンバー(数的優位)の状況からのシュート(速攻等)、ミスマッチを活かしたシュートなどの種類ですね。距離、人数、高さの観点からなるべく基本的なイージーシュートを考えていきたいです。

② いちばん強いシュートの種類

チームのエースプレーヤーに打たせるとか、それぞれの得意プレー、マッチアップの兼ね合いでこちらに分があるプレーとか、なるべく強いシュートでアプローチしていきたいです。

③ チームが納得するシュートの種類

このシュートならオッケー!この人のこのシュートで終わるならみんなが納得!チームメイトの納得の上でのシュートで終わるのは、コート上の集中をキープする意味でも大事なコツです。(NBAのスパーズがとても参考になります!)

④ 伏線を張れるシュートの種類

野球の見せ球じゃないですが、「見せておく」プレー、シュートの種類も大事です。スリーポイントシュートを見せておくと、勝負所でDFFがチェックに来てくれ、ドライブなどのアクションがしやすくなったり、外に張って来る分、インサイドを突きやすくなったりします・・etc

シュートを決めるための大事なコツです!
勝負所で的を絞らせないためにも、いろんな種類の伏線を張ることを意識しています。

⑤ 味方がノる(勢いづく)シュートの種類

それぞれが好きで得意なシュートとか、グッドパッシングからのコンビネーションとか、チームが勢いづくシュートの種類を意識的に演出していきたいです。

ムードメーカーや頑張り屋さんとか、見ている人が応援したくなるプレーヤーのシュートとかも勢いづくコツなので意図的に狙わせます。

以上、ざーーっと書いてみましたが、自分が考える理想のシュート終わりの考え方とコツです。

相手あってのスポーツなので、いつも上手くいくわけではありませんが、理想に寄せていく努力は常にしていきたいですね!
シュート練習もたくさんやりましょう!!

★告知!8・29 バスケットボール クリニックin山口★

本日、山口県下関彦島にてオープンなバスケットボール 教室 『Nao塾』を開催致します。

■テーマ
ファンダメンタルを楽しく!

■日時
8/29(月)
小学生の部:19:00~20:30
中学生以上:19:30~22:00
(※途中参加・途中抜け可能です)

■場所
下関市彦島体育館
http://goo.gl/hoZB08

■参加費
1,500円(会場でお集めします。)
※兄弟割(-500)あります。

■参加対象
どなたでも構いません。
分かりやすくお伝えさせて頂きます。

よろしくお願いいたしますmm

The following two tabs change content below.
考えるバスケットの会 会長 中川直之
学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで培った、”考えるバスケット”を全国のさまざまなプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です