バスケのダブルクラッチの効果的な練習方法やコツをNBAのプレイを例に徹底解説!

バスケのダブルクラッチの効果的な練習方法やコツをNBAのプレイを例に徹底解説!

バスケットボールの花形プレイであるダブルクラッチ。
実際に試合で試してみたいけど、やり方がわからないしどうやったらできるようになれるか知りたい。

そんな方に今回、ダブルクラッチのやり方とコツ、練習方法を紹介。
実際にNBA選手がダブルクラッチを使用している動画もいっしょに解説します。

やり方とコツを知って動画でイメージトレーニングをして実際に練習してみましょう。
習得すれば、あなたも試合でかっこいいダブルクラッチをしていつもより得点を量産できるようになります。

※【業界初】バスケを「習いたい人」と「教えたい人」をマッチングするサービスを公開!
考えるバスケット教室へ今すぐアクセス!

※ 考えるバスケット教室の講師登録方法はこちら
講師さまのご登録はこちら

【完全版】バスケットシューズおすすめ人気ランキングベスト10
【完全版】バスケで綺麗なシュートフォームを身につける7つのポイント

このページでお伝えすること

バスケットのダブルクラッチとは何か確認しよう!

そもそもダブルクラッチとはどういった意味でどんなプレイなんでしょうか。
それぞれ詳しく解説します。

ダブルクラッチの意味

ダブルクラッチを日本語に訳すと「二度つかみ」と訳します。
わかりやすく言うと、これはボールを2回つかんでシュートを放つという意味です。

本来、ボールをゴールに放つとき1回ボールをつかんでからシュートを放ちます。

ダブルクラッチはボールをつかみ、シュートを放つと見せかけてもう一度ボールをつかんでシュートを放つ。
相手にフェイントをかけてからシュートを放つことをダブルクラッチといいます。

ダブルクラッチとはどういうプレイ?

バスケのダブルクラッチの効果的な練習方法やコツを大公開!

ダブルクラッチとは:レイアップを放つ際に、相手のブロックをかわしてシュートを放つプレイです。

このときにボールを空中で逆手に持ちかえたり、空中でボールを両手でまわしてフェイントをかけて、うまく相手のブロックをかわします。

主に小さい選手がゴールしたの大きな選手に対して使用するのに有効です。
ゴール下で行う技になりますが、ゴールに走り込んでレイアップする際によく使われます。

ダブルクラッチをするのに必要なスキルは2つ

バスケのダブルクラッチの効果的な練習方法やコツを大公開!

ダブルクラッチに必要なスキルは「ジャンプ力」と「ハンドリング」

ダブルクラッチはジャンプした際の滞空時間が長いほどしやすくなります。
ダブルクラッチを習得するならジャンプ力は必ず必要になるでしょう。

もうひとつはボールハンドリング。

空中でボールを持ちかえるダブルクラッチにはボールを素早くあやつれる技術が必要になります。
手にボールが吸いつくほどボールハンドリングがうまい人なら、すぐにダブルクラッチを習得できるでしょう。

どんな時にどこのポジションが使うプレイ?

どんな時に:レイアップシュートを打つ時に
どこのポジションが:主にフォワードが

どの選手もどのポジションでもダブルクラッチは使われますが、主に攻撃的なポジションであるフォワードがよく使うでしょう。

ゴールに走り込んでレイアップをする際に相手がブロックしにきた時にダブルクラッチをします。

ゴール下には必ず相手がゴールを守っているので、相手を空中でかわしてシュートを放つのがダブルクラッチです。

ガード・フォワードのダブルクラッチは走り込みからのレイアップ

どの選手もどのポジションでもダブルクラッチは使われますが、主に攻撃的なポジションであるフォワードがよく使うでしょう。

ゴールに走り込んでレイアップをする際に相手がブロックしにきた時にダブルクラッチをします。

ゴール下には必ず相手がゴールを守っているので、相手を空中でかわしてシュートを放つのがダブルクラッチです。

センターのダブルクラッチはゴール下のジャンプ力と腕力

センターは主にゴール下でワンステップでおこなうダブルクラッチ。

走りながらスピードをつけて勢いにのっておこなうガード・フォワードのダブルクラッチとは違い、センターはゴール下でジャンプ力と腕の力だけを使っておこないます。

派手さはないものの、ゴールしたで得点を量産できるようになるダブルクラッチです。

ダブルクラッチのやり方とコツを解説

実際にダブルクラッチを練習する際のやり方とこつを紹介します。
練習ではできるけど試合になるとなかなかできないという方も大勢いるでしょう。

試合でも使えるようになるためのコツも解説いたします。

ダブルクラッチのやり方

まずは、基本のレイアップからのダブルクラッチのやり方です。
簡単にいうとこの順番です。

  1. 左右どちらかの手で普段どおりにレイアップ
  2. おもいっきりジャンプ
  3. ジャンプして普通にレイアップと見せかけてボールを逆手に持ちかえる。
  4. 持ちかえた手でシュートを放つ

もう少し、手順ごとに解説して行きます。

①左右どちらかの手で普段どおりにレイアップ

いつもどおりのレイアップシュートをおこなうように、ボールを運んでいきます。

②おもいっきりジャンプ

ダブルクラッチは滞空時間が重要になります。
滞空時間が長いほど、ダブルクラッチがやりやすくなるのです。
おもいっきりジャンプをして滞空時間をつくりましょう。

③ジャンプして普通にレイアップと見せかけてボールを両手で胸あたりに戻し、逆手に持ちかえる。

ジャンプして普段どおりのレイアップと見せかけることが大事です。
ブロックにきたディフェンスをだませるようにおこないます。

そしてシュートを放つと見せかけ、いったんボールを胸あたりに戻しましょう。
このときに両手をつかってボールを持って戻すことが大事です。
しっかりボールをつかまないとボールが離れてしまいます。

④持ちかえた手でシュートを放つ

ボールを両手で胸あたりに戻し、逆手に持ちかえることができたらシュートを放ちます。

ここまでの動作を空中で瞬時におこないます。
ある程度のジャンプ力と滞空時間がなければできません。

会長中川
ジャンプ力があり、滞空時間が長いほどダイナミックにダブルクラッチがおこなえます。

ダブルクラッチのコツ

ダブルクラッチをおこなうときに意識してほしいことが2あります。

1つはなるべく両手で円を描くようにボールを両手で持ちながら空中でまわすイメージをもってください。
NBA選手のように片手でカッコよくやろうとしがちですが、ジャンプ力があって手が大きい選手しかできません。
両手でおこなうことでダブルクラッチを正確におこなうことができます。

2つ目はディフェンスの動きを想定しておこなうこと。
相手の動きを予想してダブルクラッチをおこなうことが大事です。

空中で相手の動きをみてからダブルクラッチはシュートは放てるかもしれませんが、成功率は下がるでしょう。

相手がどうブロックしにくるかを先に予想してからダブルクラッチをすることで、相手のブロックを瞬時にかわしてシュートの成功率を上げます。
↓「考えるスキルブック 第6弾 スクリーンプレー編」を無料で受け取るにはこちら

ダブルクラッチの練習方法

ダブルクラッチを試合で使えるようになるための練習方法を紹介します。
2つのパターンの練習方法を解説いたしますので、参考にしてみてください。

1. レイアップからのダブルクラッチ【ガード・フォワード】

まずはディフェンスなしでおこないます。
普段どおりのレイアップまでボールを運びダブルクラッチをしましょう。

このときはプレッシャーもないフリーの状態なので必ずシュートを決めれるように意識します。

徐々に慣れてきたらデフェンスを想定してダブルクラッチをしてください。
相手の動きを想定した練習をおこなうと実際にディフェンスを相手にした際にスムーズにダブルクラッチをおこなえます。

レイアップからのダブルクラッチの動きに慣れてきたら、実際に練習試合などで使っていきましょう。
試合になるとなかなかできませんが、試合のなかでダブルクラッチを使うという経験を積んでいくことで、本番の試合でも簡単にできるようになります。

2. ゴール下からのダブルクラッチ【センター】

まずはゴールの真下で立ち、ダブルクラッチをおこないます。
垂直跳びでジャンプをして両手でボールを頭の上からお腹までさげてから再び頭の上にもっていきシュートを放ちます。

フリーの状態では必ずシュートを決められるように意識しておこないます。

この動きに慣れてきたら1回ドリブルしてワンステップ踏み込んでダブルクラッチをしましょう。
試合だとセンターはこの動きが1番多いです。

本番さながらのダブルクラッチをして試合でも決められるようにしましょう。

【筋力強化】ダブルクラッチを安定させるための筋力

ダブルクラッチを成功させるための筋力トレーニングを紹介します。

バスケにおいてもっとも武器になるものはジャンプ力。

高いジャンプ力があれば滞空時間が長くなりダブルクラッチがしやすくなり、リバウンドにも強くなり一石二鳥です。

1. ジャンプ力

バスケのダブルクラッチの効果的な練習方法やコツを大公開!
下半身を鍛えてジャンプ力を底上げする筋トレ「バックランジ」。
ダンベルを持ちならが負荷をかけておこなうことで効果的に下半身に刺激され、家でも簡単にできます。

  1. 両手にダンベルをもち、足を肩幅くらいに軽く開きます。
  2. 片足を一歩前に大きく出し、背筋をのばして反対の足のひざを地面に近づけていきます。
  3. 太ももに刺激がくるまでひざをさげ、そこで2秒ほど停止。
  4. 停止したら前に出していた足を戻し、反対も同じようにおこないます。
片足10回ずつおこない、3セットを目安に繰り返しましょう。

2. 背筋

バスケのダブルクラッチの効果的な練習方法やコツを大公開!
誰もがおこなったことのある背筋トレーニング「バックエクステンション」

背筋はジャンプをおこなうために重要な役割を担っている筋肉です。

背筋トレーニングで同時に体幹も鍛えられるため、空中でのバランスが保てれ、ダブルクラッチの精度を上げることも期待できます。

  1. うつぶせになり、脇をしめて手を体のよこにおきます。
  2. 胸と足を同時にゆっくりあげて背中をそらします。
  3. そらした状態で2秒ほど停止。
  4. ゆっくりともとの体勢に戻し繰り返します。

これを20回3セットを目安に繰り返しましょう。

【イメトレ】NBAプレイヤーから学ぶ!

新しい技を習得したいときに大事なトレーニングの1つであるイメージトレーニング。
そこでダブルクラッチのお手本となるNBA選手のプレイ動画をいくつか紹介します。

プレイ動画をみることでダブルクラッチをイメージしやすくなり、モチベーションにもつながるので、ぜひ動画をみて参考にしてみてください。

マイケル・ジョーダン


ポジション:シューティングガード
バスケットボールの神様であるマイケル・ジョーダンはダブルクラッチで得点を量産しています。

高いジャンプ力と滞空時間で世界から「エアウォーク」と称されるほど。
そのジャンプ力から放たれるダブルクラッチは誰もが魅了されました。

コービー・ブライアント


ポジション:シューティングガード
圧倒的な得点能力で数多くの相手を支配してきたコービー・ブライアント。

彼のダブルクラッチで難しい場面でも得点を決めてきました。
どれもカッコいいダブルクラッチばかりです。

レブロン・ジェームズ


ポジション:スモールフォワード

現在も現役で活躍しつづけている生きる伝説レブロン・ジェームズ。
別名キングとも称されるほど、圧倒的なパワーとダイナミックなプレーで得点を量産しつづけています。

アレン・アイバーソン


ポジション:ポイントガード
NBA史上もっとも小さい得点王に4度も輝いたアレン・アイバーソン。

小柄な体格から自分より大きい選手を次々と翻弄してきました。
小さい選手なら参考にするべき選手の1人です。

カイリー・アービング


ポジション:ポイントガード
高いボールハンドリングと得点力で現在も現役として活躍しているカイリー・アービング。

体格が小さいながらもそのボールハンドリングから繰り出されるドリブル、シュートは簡単に止めることはできません。

カイリー・アービングは現役選手のなかでもダブルクラッチは1番うまいと言われているくらい実力がある選手なので、参考にしてみるといいです。

試合でダブルクラッチをやる時のポイントや注意すべき事

練習である程度できるようになっていざ試合でダブルクラッチを使う際のポイントと注意することが3つあります。

  1. 無理にダブルクラッチをしようとしない
  2. ディフェンスの動きを常に予測する
  3. パスの選択肢も視野に

順番に詳しく解説していきます。

1. 無理にダブルクラッチをしようとしない

普通にシュートにいけるところを無理にダブルクラッチをしてしまうこと。

ダブルクラッチを意識しすぎるあまりになんでもないとこでダブルクラッチをしてシュートミスなんてこともやりがちです。

ここぞというときにダブルクラッチを使いましょう。
試合に慣れてくると、どこでダブルクラッチを使えばいいか体で覚えていくでしょう。

2. ディフェンスの動きを常に予測する

バスケットのすべての行動で相手の動きを常に予測することを意識しましょう。

とくにダブルクラッチをおこなう際には相手の動きを読むことが大事です。
相手の動きが読めるようになれば、ファールを誘うこともできます。

3. パスの選択肢も視野に

ダブルクラッチをしても相手のブロックをかわせそうにない場合はパスを選択できるように意識しましょう。

これは冷静な判断力が必要になるので、常に頭で最後の選択を考えながらバスケをしてください。
ブロックをされてしまうと相手に勢いをつけてしまうリスクがあるので注意しましょう。

まとめ

ダブルクラッチについて解説してきました!

ダブルクラッチは現役のバスケットプロ選手も武器として活用しています。
とくに小さい選手は大きい選手のブロックを避けるために技なのです。

使いこなせるようになると試合で得点源になる可能性もあがり、とくに大事な場面で得点をたくされる場面が増えるようになるかもしれません。
チームの得点源となれる技になるので、たくさん練習してダブルクラッチを習得しましょう。

【保存版】バスケ教室へ小学生が通う際に選ぶポイント3つ!地域別にオススメのバスケット教室25選

【最新版】バッシュナイキ白色おすすめ20選!シリーズ別にご紹介

【2020年最新版】バスケウェアのブランドおしゃれでかっこいいおすすめ20選

【保存版】バスケットシューズの人気おすすめアイテム10選 | シューズケースやインソールなど

【保存版】バスケ用バッグ・リュックおすすめ人気ランキングベスト10

【最新版】バッシュジュニア(キッズ)向けおすすめランキングベスト10

【完全版】バスケットボールパンツおすすめランキングベスト10

【完全版】家庭用バスケットゴールおすすめランキングベスト10

【完全版】バスケットサポーターおすすめ10選 | 足首・ふくらはぎ・ひざ部位別にご紹介


【参考】【最新版】バッシュのジョーダン歴代モデルを徹底解剖!おすすめランキングTOP20
【参考】ダンクシュートの練習方法を教えます!170cmでダンクするのも夢じゃない!
【参考】【初心者必見】バスケのドリブル技と種類一覧!練習方法と上達の極意
【参考】初心者必見!バスケが上手くなるには何が必要?7つの基本を徹底解説
【参考】【完全版】バスケで綺麗なシュートフォームを身につける7つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

視聴者からのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください